技術ジャンル検索

キーワード検索:

選択ジャンル:仮設トイレ   検索結果件数:27件

[1]   2   3   >>   

技術名称
NETIS登録番号
震災対応上の特徴 ジャンル
吸引圧送式 仮設水洗トイレ シャトレ
KT-140056
下水などのインフラが復旧していない地域であっても、水洗トイレが設置できるため、作業員の労働環境の改善が図れる。 仮設(仮設トイレ)
ハイブリット式循環型水洗トイレ「ラファクリーン」
HK-100002
給排水設備の必要が無く、排水や汲取りも要らない環境に配慮した水洗トイレで、河川、雨水の活用も可能で常設、仮設に対応できイベント、災害現場で不特定多数の使用でも常に清潔感を保ちます。 仮設(仮設トイレ)
バブル活性循環式水洗トイレ
HK-100004
水を入れて持ち込み、電源を入れれば直ぐに使用出来ます。 仮設(仮設トイレ)
自己処理型し尿処理システム「循環王」
KT-070058
処理水をトイレの洗浄水として再利用するため、使用開始前に一度張り水をすれば、それ以降の水道水の給水は必要なく、継続して水洗トイレが使用できます。また、非放流型のシステムため、放流配管工事及び放流先の確保が不要となります。 仮設(仮設トイレ)
バイオトイレ
KK-090015
バイオトイレは排泄物をバイオの力で分解し、排泄物の汲取りが不要です。臭気を抑え、快適な環境(土壌・水を汚さず)にやさしいトイレです。工事現場で使用されたバイオトイレのバイオチップは一般廃棄物の燃えるゴミで出せます。バキュームカーが震災により不足している現状では最適な商品です。 仮設(仮設トイレ)
分解条件調節式バイオトイレ
KT-110002
その場で屎尿を処理できるので、原子力発電所の復旧作業現場、原発による避難地域の復旧作業現場、山岳地域における復旧作業現場、離島での作業現場などバキュームカーが入れず屎尿の汲み取りが困難な場所での作業現場や、浄化槽工事が不要なため国定公園、海岸など土木困難な作業現場でのトイレとして利用できる。 仮設(仮設トイレ)
現地処理型バイオ式トイレ「ビート」
KT-090042
微生物の働きでし尿を分解するので、上下水道が整備されていない所でも使用が可能で、また、汲み取り及びその運搬の必要もない。 仮設(仮設トイレ)
プレキャスト遊水池
KT-010138
雨水を貯留するための空間を利用して、災害時に処理できない雑排水等を一時貯留することが可能である。また、地上部に設けたマンホールに仮設トイレを設置することにより、災害用マンホールトイレとしての利用が可能である。 仮設(仮設トイレ)
防災対応型屋外可搬式トイレ『バイオミカレット』
SK-060020
し尿を流す「水」が必要ないうえに、微生物でし尿を分解してしまうので「汲取りが不用」。加えて、通常の仮設トイレとは異なり「悪臭がほとんど無く衛生的」である。 仮設(仮設トイレ)
常流循環式トイレ 「ウォータス」
HR-060018
※避難所及び復旧現場事務所用トイレとして使用できます。 ※メンテナンスが使用者・現場管理者でも簡単に出来ます。 ①設計時:現場での予想使用人数3-5人当たりに本トイレ1台。 ②施工時:水平な地盤の所(スぺーサー対応可能) ③維持管理等:約800回使用で汲み取り後、水張り再運転が必要。 仮設(仮設トイレ)

Copyright 2011, New Technology Information System.All Rights Reserved..