技術ジャンル検索

キーワード検索:

選択ジャンル:再生   検索結果件数:192件

[1]   2   3   4   5   6   7   8   9   10   11   >>   [最後]

技術名称
NETIS登録番号
震災対応上の特徴 ジャンル
土壌改良材DWファイバー
KT-170110
ファイバーに添加しているフルボ酸は,土に吸着している養分を切り離すキレート効果が高く,塩類集積した津波汚泥からナトリウムイオンを土外へ放出する効果がある。ファイバーは土壌の透水性改善効果があることから自然降雨での除塩効果が期待できる。更なる除塩効果を期待する場合は,フルボ酸の追加投与が効果的である。 がれき・土砂処理(再生)
瓦リサイクル透水性舗装材
CB-120009
倒壊した家屋の屋根瓦を破砕し舗装材として再生できます。被災地において未処分となっている瓦を使用し(ある程度の破砕前処理が必要)、現場にて施工が可能です。そのため、県外への搬出輸送コストも低減でき、瓦の再生活用が可能となります。 がれき・土砂処理(再生)
重金属等汚染土壌の固化・不溶化処理技術(ピュアソイル、ピュアソイルEX)
CB-110005
汚染土に直に混合することで効果を発揮するが、例えば、土壌洗浄・分級により減容化された汚染濃縮汚泥(残渣)を地中等に封じ込める際に、リスク低減策として、物理的・化学的な前処理も可能であると考える。ただし、放射性物質への効果の有無は実験データを有しておらず、事前の検証を要する。 がれき・土砂処理(再生)
法面マルチング工法
CB-100029
不要となる木質部からできるチップを、法面での防草用マルチング素材として活用できる。 但し、木質部のみを使用するため、分別が必須。塩分が付着しているので、破砕や発酵助材の混合に使用する重機の対策が必要となる。 また堆肥製造が完了した時点で、塩類濃度を測定することも必要となる。 がれき・土砂処理(再生)
ウッディソイル工法
CB-040068
不要となる木質部からできるチップ材を、従来工法の植生基材吹付工と同等の緑化を図る為に活用できる。 但し、木質部のみを使用するため、分別が必須。塩分が付着しているので、破砕や発酵助材の混合に使用する重機の対策が必要となる。また粉砕した時点で、塩類濃度を測定することも必要となる。 がれき・土砂処理(再生)
剪定木、刈草、伐根材の堆肥化(植物発生材の再利用リサイクル)
CB-990049
不要となる木質部からできた堆肥は、法面緑化用人工土壌や植栽用堆肥として活用できる。 但し、木質部のみを使用するため、分別が必須。塩分が付着しているので、破砕や発酵助材の混合に使用する重機の対策が必要となる。 また堆肥製造が完了した時点で、塩類濃度を測定することも必要となる。 がれき・土砂処理(再生)
ソイルミックス・リサイクル工法
CB-100006
仮設住宅がある学校グラウンドの既設表層土の泥濘化を軽減させます。特に人の通路部分の泥濘化を改善することにより靴底の付着が少なく、仮設住宅への土砂の持ち込みを抑制します。また仮設住宅撤去後は、そのままグラウンド表層土として流用できます。 がれき・土砂処理(再生)
Wウッド舗装(フレークウッド舗装)
TH-010009
倒壊家屋の建築廃材、または流木の処理方法として、舗装用主材料に再生利用する。木質チップ材使用量は、木質の種類や形状等で異なるが舗装厚3cmの場合に約50リットル/m2である。 がれき・土砂処理(再生)
ウッドクリート
SK-030010
倒壊家屋の木質部、または流木の処理方法として、舗装用主材料に再生利用する。木チップ材使用量は、舗装厚5cmの場合に0.05m3/m2である。 がれき・土砂処理(再生)
浚渫底泥高圧脱水処理システム
QSK-080006
港湾に堆積したヘドロやガレキ処理に伴う分級後のヘドロを高圧フィルタープレス脱水処理することにより、大幅な減容化と土木材料としての有効活用が可能となる。 がれき・土砂処理(再生)

Copyright 2011, New Technology Information System.All Rights Reserved..