技術ジャンル検索

キーワード検索:

検索キーワード:   検索結果件数:2110件

[先頭]  <<    4   5   6   7   8   [9]   10   11   12   13   14   >>   [最後]

技術名称
NETIS登録番号
震災対応上の特徴 ジャンル
橋梁桁変位自動計測システム(3Dブリッジ)
KT-130050
橋梁上部工事において、本技術を活用することにより品質の向上・経済性の向上につながればと思います。 その他
スチールウィング
CG-130010
破壊した既設コンクリート地覆の改修において工期短縮および交通規制の縮減が可能となる。 補修・修復(橋梁)
KanaSlip工法
HR-130007
非開削で老朽化した下水道管きょを更生できる工法で、追従性を有しているので耐震性にも優れている。また、既設管にズレや屈曲が生じても更生可能である。非開削工法であるため産業廃棄物が排出されず、大型機材も不要なため、他の復旧作業にも影響が少ない工法である。 ライフライン復旧
電動遠隔解体機「DXRシリーズ」
KT-130032
震災時、作業者が容易に近づく事の出来ない屋外・屋内・狭所で活躍。作業者は手元のリモートコントロールを使い、有線・無線にてロボットから離れた安全な場所で操作。充実した各種アタッチメントを現場に応じて選択。電動で排ガスの発生はなく、軽量・小型な本体は移動に便利。 無人化施工
3Dレーザースキャナー・3D CAD・3Dプリンタによる高精細空間測量システム
KT-130019
危険な箇所に人が立ち入らずに、ミリ精度の地形測量が可能です。 計測・測量
すきとり表土草根分別装置
KK-060007
津波や洪水により、学校グランド・公園等に流れ込んだ土砂及び土砂に混ざったガレキ破片、木片、ゴミ等の分別処理。 異物除去されたグランドや公園の土砂により、子供たちの安全・快適が保てる。 がれき・土砂処理(分別)
コンクリート供試体確認版(品質証明シール)
CB-100004
 災害復旧時には大量のコンクリートが用いられる。当該復旧工事に用いたコンクリートのトレーサビリティを確立し、品質管理を的確に行うことは、復旧工事の品質を確かにするばかりでなく、当該構造物の恒久的な品質を担保できる。 補修・修復(コンクリート構造物)
MRC工法(山留めタイプ)
KK-120042
下水道管などの開削工事に底部・壁部の三面地盤改良をし壁部にH鋼の芯材を入れる山留め工法である。H鋼の芯材を壁部に入れない場合でも開削の補助工法として使用でき、液状化対策としても使用できる 補修・修復(その他)
鋼製スリットえん堤T型
KT-090003
土砂災害対策における砂防えん堤の整備(透過型砂防えん堤の構築)に貢献する.砂防えん堤を構築するに当たって,非越流部にINSEM-SBウォール工法(CG-050010)を併用することで現場土砂およびコンクリート廃材の活用にも貢献する. 補修・修復(その他)
プレートフック
KT-070015
震災復旧工事におけるコンクリート構造物の鉄筋配筋作業の急速施工が可能。 計画・設計

Copyright 2011, New Technology Information System.All Rights Reserved..