技術情報詳細

一覧へ戻る

NETIS登録番号 HR-070001  (より詳細なNETIS情報へリンクしております)
技術名称 無人化施工対応残存型枠ブロック
ジャンル 無人化施工
技術概要 鎧ブロックは自立式残存型枠として無人化施工に対応しています。下段との噛み合わせにより、無人化施工でも高精度の据付が可能です。また、自立式で噛み合わせがあるため、コンクリート打設時に支保工やアンカー等の仮設を必要としません。表面の鎧模様が良好な景観形成と水通しの摩耗削減に寄与します。
震災対応上の特徴 鎧ブロックは砂防堰堤・護岸工・擁壁工をはじめとした現場打ちコンクリートを使用する構造物構築時の残存型枠ブロックとして適用可能であり、非常に施工性が良いため省人化になります。無人化施工にも対応していますので、震災による崩壊地近傍など有人作業が危険な現場においても施工可能です。
関連URL http://www.gikenko.co.jp/seihin/1sei1.html
開発会社 技研興業株式会社

災害対応関連工事・業務における活用実績

活用工事・業務件数 1 件
実績1 工期2007年4月7日 ~ 2007年11月28日 災害名
工事・業務名平成19年度細谷第5砂防堰堤災害復旧工事 発注者金沢河川国道事務所
実績2 工期2007年9月12日 ~ 2009年10月31日 災害名
工事・業務名白谷第6号砂防堰堤工事 発注者神通川水系砂防事務所
実績3 工期 災害名
工事・業務名 発注者
実績4 工期 災害名
工事・業務名 発注者
実績5 工期 災害名
工事・業務名 発注者

連絡先

郵便番号 951 - 8061
住所 新潟市中央区西堀通7番町1555(日生第5ビル4F)
連絡担当者 新潟営業所 小菅健三郎
TEL 025-223-3552
メールアドレス kenzaburo.kosuge@gikenko.co.jp

Copyright 2011, New Technology Information System.All Rights Reserved..