技術情報詳細

一覧へ戻る

NETIS登録番号 HR-140004  (より詳細なNETIS情報へリンクしております)
技術名称 ストロンガー工法
ジャンル 補修・修復(その他(防護柵)),計画・設計
技術概要 本技術は、既設のH鋼式落石防護柵を利用し、吸収エネルギーを高める技術であり、従来は既設のH鋼式落石防護柵を撤去し、新たにH鋼サイズを大きくした落石防護柵を再設置していた。本技術の活用により、経済性・施工性が向上し、工程が短縮される。
震災対応上の特徴 震災後の落石再調査により、新たな危険対象の落石に対して、既設のH鋼式落石防護柵に部材を取付けるのみで、落石防護柵の吸収エネルギーを高める技術である。短期間で経済的に施工して、落石に対する安全性を向上させる。
関連URL http://www.be-safe-japan.com/
開発会社 株式会社ビーセーフ、有限会社吉田構造デザイン

災害対応関連工事・業務における活用実績

活用工事・業務件数 0 件
実績1 工期 災害名
工事・業務名 発注者
実績2 工期 災害名
工事・業務名 発注者
実績3 工期 災害名
工事・業務名 発注者
実績4 工期 災害名
工事・業務名 発注者
実績5 工期 災害名
工事・業務名 発注者

連絡先

郵便番号 939 - 1518
住所 富山県南砺市松原220-6
連絡担当者 株式会社ビーセーフ  開発設計部  小島明徳
TEL 0763-22-7835
メールアドレス a_kojima@be-safe-japan.com

Copyright 2011, New Technology Information System.All Rights Reserved..