技術情報詳細

一覧へ戻る

NETIS登録番号 HR-150001  (より詳細なNETIS情報へリンクしております)
技術名称 携帯型成分分析計を用いたコンクリート塩化物イオン含有量の測定技術
ジャンル 補修・修復(コンクリート構造物)
技術概要 本技術は、携帯型成分分析計を用いてコンクリートコア側面、構造物表面、ドリル粉の塩化物イオン含有量を測定する技術であり、従来はコアをスライス・粉砕し電位差滴定を行っていた。本技術により塩化物イオン含有量分布を簡易・迅速に把握でき、経済性も向上する。
震災対応上の特徴 塩害環境で震災による被害を受けた鉄筋コンクリート構造物の補修、補強工事において、コンクリート表面、内部の塩分分布を測定することにより、構造物の耐久性を確保できる適切な補修・補強方法を選定できる。本技術は短時間で測定ができ、測定機は携帯可能で無電源で動作するので、災害時でも測定作業が可能である。
関連URL http://www.nsst.nssmc.com/futtsu/portable-xrf.htm
開発会社 株式会社大林組、日鉄住金テクノロジー株式会社

災害対応関連工事・業務における活用実績

活用工事・業務件数 0 件
実績1 工期 災害名
工事・業務名 発注者
実績2 工期 災害名
工事・業務名 発注者
実績3 工期 災害名
工事・業務名 発注者
実績4 工期 災害名
工事・業務名 発注者
実績5 工期 災害名
工事・業務名 発注者

連絡先

郵便番号 108 - 8502
住所 東京都港区港南2-15-2 品川インターシティーB棟
連絡担当者 株式会社大林組技術本部研究開発管理部土木管理課 武藤真澄
TEL 03-5769-1062
FAX 03-5769-1984
メールアドレス muto.masumi@obayashi.co.jp

Copyright 2011, New Technology Information System.All Rights Reserved..