技術情報詳細

一覧へ戻る

NETIS登録番号 KK-000014  (より詳細なNETIS情報へリンクしております)
技術名称 空中電磁法による地質調査
ジャンル 計測・測量,計画・設計
技術概要 空中電磁法は、ヘリコプターに曳航した電磁センサーを用いて地盤の電気的応答を調査することで、未固結土砂の分布、基盤岩の風化・変質・破砕状態、地下水状態などを確認する地質概査法で、現地に立ち入らずに広範囲の3次元地盤情報を、短時間かつ低コストで取得できる。
震災対応上の特徴 空中電磁法は、空中から調査できるため被災地などアクセス困難な地域や広範な地域の調査が可能である。また、粘土に富む軟質地盤や帯水層などの分解能が高く、広域地盤調査手法として迅速性と経済性に優れるため、深層崩壊や地すべり等の土砂災害への防災事業、道路や造成などのインフラ整備事業へ寄与できる。
関連URL http://www.ne-con.co.jp/index.html
開発会社 独立行政法人土木研究所/大日本コンサルタント株式会社/同和工営株式会社

災害対応関連工事・業務における活用実績

活用工事・業務件数 5 件
実績1 工期1995年07月12日 ~ 1995年12月01日 災害名阪神・淡路大震災
工事・業務名兵庫県淡路島北部地域における空中電磁法および空中磁気法探査 発注者工業技術院 地質調査所
実績2 工期2004年12月06日 ~ 2005年01月31日 災害名平成16年新潟県中越地震
工事・業務名山古志地区空中電磁法探査業務 発注者独立行政法人 農業工学研究所
実績3 工期2004年12月06日 ~ 2005年01月31日 災害名平成16年新潟県中越地震
工事・業務名中越地区空中電磁法探査業務 発注者独立行政法人 農業工学研究所
実績4 工期2004年11月11日 ~ 2005年03月30日 災害名平成16年新潟県中越地震
工事・業務名国道291号地震災害調査・検討(2工区)業務委託 発注者国土交通省 北陸地方整備局
実績5 工期2009年12月02日 ~ 2010年02月26日 災害名平成20年岩手・宮城内陸地震
工事・業務名平成21年度栗駒山空間地盤特性データセット作成業務 発注者独立行政法人土木研究所

連絡先

郵便番号 170 - 0003
住所 東京都豊島区駒込3-23-1
連絡担当者 調査事業部探査室 河戸克志
TEL 03-5394-7622
メールアドレス kawato@ne-con.co.jp

Copyright 2011, New Technology Information System.All Rights Reserved..