技術情報詳細

一覧へ戻る

NETIS登録番号 KK-050018  (より詳細なNETIS情報へリンクしております)
技術名称 ボックストーン工法
ジャンル 液状化対策,補修・修復(河川護岸,その他(砂防)),応急復旧
技術概要 ◎概要:充填器具の発明と、かご構造の工夫で、石詰ふとんかごのプレキャスト化(二次製品化)を実現。◎効果:①従来工法(ふとんかご工)に比べて作業効率が約5倍向上。②整備された環境での充填作業により、安全性と骨材ロスがない③熟練工への依存度と労力を軽減。④①の効果により経済性も向上。⑤充填が簡便
震災対応上の特徴 ①屈撓性、衝撃吸収性、高耐震性だけでなく、透水性にも優れ、地盤強化と共にドレーン工による液状化対策として効果がある。(香川大学教授:野田 茂)②プレキャストした石詰ふとんかごの備えにより、緊急災害時の土留め等に即応可能で、耐久性及び強度に優れている。
関連URL http://www.eonet.ne.jp/~kinki-saiseki/
開発会社 畿砕石株式会社・瀬戸内金網商工株式会社

災害対応関連工事・業務における活用実績

活用工事・業務件数 4 件
実績1 工期2006年03月24日 ~ 2006年12月25日 災害名その他(平成16年台風23号による洪水)
工事・業務名替佐築堤護岸工事 発注者北陸地方整備局
実績2 工期2006年03月28日 ~ 2007年03月30日 災害名その他(平成16年台風23号による洪水)
工事・業務名替佐築堤護岸その2工事 発注者北陸地方整備局
実績3 工期2006年03月31日 ~ 2007年03月30日 災害名その他(平成16年台風23号による洪水)
工事・業務名替佐築堤護岸その3工事 発注者北陸地方整備局
実績4 工期2007年03月24日 ~ 2008年01月26日 災害名その他(平成16年台風23号による洪水)
工事・業務名村山護岸災害復旧工事 発注者北陸地方整備局
実績5 工期 災害名
工事・業務名 発注者

連絡先

郵便番号 601 - 1122
住所 京都市左京区静市野中町395
連絡担当者 営業担当 村山順一    技術担当 安田英二   瀬戸内金網商工担当 山口貴幸
TEL 075-741-2164
FAX 075-741-2163
メールアドレス e-y36@wine.plala.or.jp

Copyright 2011, New Technology Information System.All Rights Reserved..