技術情報詳細

一覧へ戻る

NETIS登録番号 KK-090002  (より詳細なNETIS情報へリンクしております)
技術名称 パレスシート工法
ジャンル 液状化対策,補修・修復(路面),仮設(足場)
技術概要 パレスシート工法は、格子状に組んだ筒状織物内にモルタルを充填して形成した格子状補強枠を有する剛性の高いシートを用いる表層安定処理工法です。シート上に砕石層を造成し、一般車道を造成した実績が有ります。
震災対応上の特徴 砕石置換工法に比べ、薄層の砕石で路床・路盤の要求性能を確保できます。また、シートで砕石層と地山が分離されるため、造成した道路等の撤去も容易で、砕石回収等の省力化を図ることができます。剛性の高い補強枠が砕石層下部に配置されるため、路床・路盤の不同沈下を低減し、高い走行性が確保できます。
関連URL http://www.ashimori.co.jp/product/geo/pdf/palace-sheet.pdf
開発会社 芦森工業㈱ 鹿島建設㈱

災害対応関連工事・業務における活用実績

活用工事・業務件数 0 件
実績1 工期 災害名
工事・業務名 発注者
実績2 工期 災害名
工事・業務名 発注者
実績3 工期 災害名
工事・業務名 発注者
実績4 工期 災害名
工事・業務名 発注者
実績5 工期 災害名
工事・業務名 発注者

連絡先

郵便番号 566 - 0001
住所 大阪府摂津市千里丘7丁目11番61号
連絡担当者 パルテム技術部 岡村昭彦
TEL 06-6388-1270
メールアドレス gio-bu@ashimori.co.jp

Copyright 2011, New Technology Information System.All Rights Reserved..