技術情報詳細

一覧へ戻る

NETIS登録番号 KK-130005  (より詳細なNETIS情報へリンクしております)
技術名称 KGR工法
ジャンル 仮設(その他(仮設防護柵))
技術概要 本技術は仮設防護柵の施工において、基礎部に工場製作の付帯設備の溝等が形成されているPC版を使い、H鋼のフランジ部に軽量な防護柵パネルを使用する技術であり、本技術の活用により、工程、経済性の向上が期待できる。
震災対応上の特徴 ・活用の場面・・・緊急時にコンクリートや特別な機械、機材が無くても施工可能。
・活用の効果・・・仮設防護柵の基礎部に工場製作のPC版を使用することで、防護柵基礎工の工程短縮と防護柵撤去後は舗装復旧工がなくなる。また付帯設備である横断防止柵や縁石を設置する事で歩道、もしくは安全通路も同時に設置できる。
関連URL http://www.kiyotagumi-kgr.com/item.html
開発会社 有限会社 清田組

災害対応関連工事・業務における活用実績

活用工事・業務件数 0 件
実績1 工期 災害名
工事・業務名 発注者
実績2 工期 災害名
工事・業務名 発注者
実績3 工期 災害名
工事・業務名 発注者
実績4 工期 災害名
工事・業務名 発注者
実績5 工期 災害名
工事・業務名 発注者

連絡先

郵便番号 666 - 0211
住所 兵庫県川辺郡猪名川町仁頂寺字中谷口165番1
連絡担当者 上村 守
TEL 072-767-5680
FAX 072-767-5681
メールアドレス kiyotagumi@train.ocn.ne.jp

Copyright 2011, New Technology Information System.All Rights Reserved..