技術情報詳細

一覧へ戻る

NETIS登録番号 KT-140066  (より詳細なNETIS情報へリンクしております)
技術名称 高品質化セントル養生システム「春秋(はるあき)コンクリート工法」
ジャンル 計画・設計
技術概要 本技術は、覆工コンクリートの内部温度をコントロールする技術で、従来は、夏期は材料を冷却し、冬期は型枠養生中に加温することでコンクリート温度を調整してきた。本技術の活用により、大型エアコンで効率的にコンクリート温度を調整し、品質の向上が図れる。
震災対応上の特徴 特に厳冬期の覆工コンクリートの施工において、初期強度不足によるひび割れや表面剥離を抑制できるため、震災復興事業で新設されるトンネルの長期耐久性が向上する。
関連URL
開発会社 株式会社鴻池組、岐阜工業株式会社

災害対応関連工事・業務における活用実績

活用工事・業務件数 1 件
実績1 工期2011年9月7日 ~ 2013年7月31日 災害名
工事・業務名美浜東バイパス 佐田トンネル工事 発注者近畿地方整備局
実績2 工期 災害名
工事・業務名 発注者
実績3 工期 災害名
工事・業務名 発注者
実績4 工期 災害名
工事・業務名 発注者
実績5 工期 災害名
工事・業務名 発注者

連絡先

郵便番号 136 - 8880
住所 東京都江東区南砂2-7-5
連絡担当者 株式会社鴻池組 土木事業本部 技術部
TEL 03-5617-7790
メールアドレス wakabayashi_ha@konoike.co.jp

Copyright 2011, New Technology Information System.All Rights Reserved..