技術情報詳細

一覧へ戻る

NETIS登録番号 KT-160091  (より詳細なNETIS情報へリンクしております)
技術名称 再帰反射ボルト装備のガードレール
ジャンル 補修・修復(その他(道路付属施設))
技術概要 本技術は、ガードレール設置工において、反射体などの付加物なく反射させる技術で、従来はガードレール設置工の後に、反射テープを貼り付ける工法で対応していた。本技術の活用により、付加部材なしで夜間の視認性の向上、交通事故抑止の向上が図れます。昼間は従来のボルトと同色なので昼間の景観にも配慮しています。
震災対応上の特徴 被災地はライフラインが寸断され、夜間の道路照明も被災前の状況には戻っておりません。このような中、本ガードレールは部材固定用ボルトに再帰反射塗装を施し、車両の照明に反射し、夜間の視認性確保とドライバーの視線誘導が大幅に向上、交通安全に寄与します。昼間は、従来のボルトと同じグレー色で景観を阻害しません。
関連URL http://www.jfe-kenzai.co.jp/
開発会社 JFE建材株式会社、株式会社小松プロセス

災害対応関連工事・業務における活用実績

活用工事・業務件数 5 件
実績1 工期2011年10月21日 ~ 2012年3月26日 災害名東日本大震災
工事・業務名古川・鳴子地区道路付属施設設置工事 発注者国土交通省東北地方整備局 仙台河川国道事務所
実績2 工期2012年8月8日 ~ 2013年3月29日 災害名東日本大震災
工事・業務名北上川下流上大須・中野地区築堤工事 発注者国土交通省東北地方整備局 北上川下流河川事務所
実績3 工期2012年8月2日 ~ 2013年1月31日 災害名東日本大震災
工事・業務名南釜谷崎外道路災害復旧工事 発注者宮城県東部土木事務所
実績4 工期2016年3月7日 ~ 2016年12月15日 災害名東日本大震災
工事・業務名刈安梓山地区道路付属物工事 発注者国土交通省東北地方整備局 山形河川国道事務所
実績5 工期2016年3月25日 ~ 2016年9月30日 災害名東日本大震災
工事・業務名主要地方道米沢高畠線(仮称)米沢中央IC舗装工事 発注者山形県置賜総合支庁

連絡先

郵便番号 108 - 0075
住所 東京都港区港南一丁目2番70号 品川シーズンテラス11階
連絡担当者 JFE建材株式会社  道路商品営業部  上田 建一
TEL 03-5715-7600
FAX 03-5460-3233
メールアドレス k-ueda@jfe-kenzai.co.jp

Copyright 2011, New Technology Information System.All Rights Reserved..