技術情報詳細

一覧へ戻る

NETIS登録番号 KT-180026  (より詳細なNETIS情報へリンクしております)
技術名称 Rアンカー
ジャンル 補修・修復(橋梁)
技術概要 本技術は仮設材設置に用いる抜取り可能な接着系あと施工アンカー技術で,従来はエポキシ樹脂を用いた施工および母材のはつり,ボルト切断による撤去にて対応していた.本技術の活用により,撤去時に母材のはつりやボルトの切断が不要となり,施工性・経済性の向上が図れる.
震災対応上の特徴 本技術は震災により損傷した橋梁の復旧工事等に活用することが可能である.例えば,RC構造物に仮設ブラケット等を設置し,使用後に撤去する場合に本技術を活用することで,現場作業の簡略化を図れる.使用後は簡単に撤去が可能なため,不要な異種材質のアンカーボルトをRC内に残置せず,発錆による劣化を防止できる.
関連URL http://www.komaihaltec.co.jp/bridge/products/index.html#ol_pd16
開発会社 株式会社駒井ハルテック

災害対応関連工事・業務における活用実績

活用工事・業務件数 1 件
実績1 工期2016年7月7日 ~ 2017年12月28日 災害名その他(平成28年熊本地震)
工事・業務名熊本高森線扇の坂橋復旧工事 発注者九州地方整備局熊本復興事務所
実績2 工期 災害名
工事・業務名 発注者
実績3 工期 災害名
工事・業務名 発注者
実績4 工期 災害名
工事・業務名 発注者
実績5 工期 災害名
工事・業務名 発注者

連絡先

郵便番号 293 - 0011
住所 千葉県富津市新富33-10
連絡担当者 技術本部 技術研究室 平野 穂菜美
TEL 0439-87-7470
メールアドレス a.bolt@komaihaltec.co.jp

Copyright 2011, New Technology Information System.All Rights Reserved..