技術情報詳細

一覧へ戻る

NETIS登録番号 KT-980087  (より詳細なNETIS情報へリンクしております)
技術名称 多数アンカー式補強土壁工法
ジャンル 補修・修復(その他(道路盛土・擁壁))
技術概要 本技術は盛土工事に適用される補強土壁工法で,従来はコンクリート擁壁や耐震性能が実証される以前の設計・施工技術で構築される補強土壁工法で対応していました.本技術の活用により,耐震性に優れ,かつ合理的に直壁を有する多数アンカー式補強土壁が構築できます.
震災対応上の特徴 災害からの早急な復旧・復興には,支援物資や資材を運搬するための道路機能の回復が必要不可欠です.プレキャスト部材を用いるため迅速な施工が可能な多数アンカー式補強土壁工法は,被災した道路盛土やコンクリート擁壁の崩壊で喪失された道路機能を早期に回復し,復旧・復興をサポートすることができます.
関連URL http://www.okasanlivic.co.jp/material/anchor.html
開発会社 岡三リビック株式会社

災害対応関連工事・業務における活用実績

活用工事・業務件数 69 件
実績1 工期2009年3月23日 ~ 2010年1月11日 災害名平成20年岩手・宮城内陸地震
工事・業務名一般国道342号祭畤大橋下部工(A1、P1)橋梁災害復旧(20災139号)工事 発注者岩手県 県南広域振興局 一関土木センター
実績2 工期2009年9月18日 ~ 2010年3月15日 災害名平成20年岩手・宮城内陸地震
工事・業務名一般国道342号祭畤大橋下部工(A2)橋梁災害復旧(20災139号)工事 発注者岩手県 県南広域振興局 一関土木センター
実績3 工期2009年3月31日 ~ 2010年11月15日 災害名平成20年岩手・宮城内陸地震
工事・業務名花山(10)道路災害復旧工事 発注者宮城県 北部土木事務所
実績4 工期2010年11月4日 ~ 2011年6月1日 災害名その他(7.15豪雨災害)
工事・業務名道路災害復旧事業(債務)篠原八百津線 発注者岐阜県 可茂土木事務所
実績5 工期 災害名
工事・業務名 発注者

連絡先

郵便番号 108 - 0023
住所 東京都港区芝浦4丁目16番23号AQUACITY芝浦ビル8F
連絡担当者 ジオテクノ本部技術部 三澤 清志
TEL 03-5442-2400
FAX 03-5442-2500
メールアドレス misawa@okasanlivic.co.jp

Copyright 2011, New Technology Information System.All Rights Reserved..