技術情報詳細

一覧へ戻る

NETIS登録番号 KT-990162  (より詳細なNETIS情報へリンクしております)
技術名称 ミニアンカー工法
ジャンル 補修・修復(その他(斜面、擁壁)),応急復旧
技術概要 自然斜面あるいは切土斜面、また、既設のブロック積み擁壁などに対し、地山補強土工法としてミニアンカーを打設することで、掘削面や既設ブロック積み擁壁などの安定を図る工法である。ミニアンカーは地山に挿入後に先端部を拡大できる構造であるため、補強材の長さを短くできる、配置ピッチを広くとれるなどの効果がある。
震災対応上の特徴 ミニアンカーは地山に挿入後に先端部を拡大できる構造であるため、1本あたりの抵抗力が増加し、通常の地山補強土に比べ削孔長を短くすることができる。地震で不安定化した斜面、ブロック積み擁壁の補修・耐震補強工事において、ミニアンカーを用いることにより、コストを抑制でき、工期を短縮することができる。
関連URL http://www.dnc.co.jp/technology
開発会社 大日本土木株式会社 岡三リビック株式会社

災害対応関連工事・業務における活用実績

活用工事・業務件数 21 件
実績1 工期2006年08月01日 ~ 2006年09月01日 災害名平成16年新潟県中越地震
工事・業務名長岡急傾斜地崩壊防止事業02 発注者新潟県長岡市
実績2 工期2008年6月1日 ~ 2008年7月1日 災害名平成19年新潟県中越沖地震
工事・業務名砂防第29号鎌田②地区災害関連地域防災がけ崩れ対策 発注者新潟県柏崎市
実績3 工期2008年8月1日 ~ 2008年9月1日 災害名平成19年新潟県中越沖地震
工事・業務名柏262軽井川地区他2地区小規模急傾斜地崩壊防止工 発注者新潟県柏崎市
実績4 工期2007年11月1日 ~ 2007年12月1日 災害名その他(福岡県西方沖地震)
工事・業務名市道玄海中学校線(西2幹)福岡市西区玄海地内 発注者福岡市
実績5 工期1995年4月1日 ~ 1995年5月1日 災害名阪神・淡路大震災
工事・業務名石積擁壁補強工事 発注者民間

連絡先

郵便番号 160 - 0023
住所 東京都新宿区西新宿6-16-6 タツミビル
連絡担当者 土木本部 伊藤秀行
TEL 03-5326-3939
TEL2 03-5326-3941
FAX 03-5326-3945
メールアドレス hideyuki_ito@dnc.co.jp

Copyright 2011, New Technology Information System.All Rights Reserved..