技術情報詳細

一覧へ戻る

NETIS登録番号 QS-090010  (より詳細なNETIS情報へリンクしております)
技術名称 オートグラウトホール
ジャンル 計画・設計
技術概要 樋門樋管等のコンクリート構造物(現場打ち及びプレキャスト)の底版下の空洞量を容易に計測する技術である。また、洪水の前後や地震後等、必要な時に直ちに計測する事が可能である。
震災対応上の特徴 樋門樋管等コンクリ―ト構造物底版下面を直接支持させた場合は地盤沈下量、杭等で支持されいる場合は底版下面空洞化量の測定が出来る。計測器を他位置に設ける事で、地震・洪水等の災害発生後直ちに沈下・空洞化量の測定をし対応策が図れる。築造後も経年経過した構造物を継続測定して観察する事で長期対応策が図れる。
関連URL http://www.nissinkohgyo.co.jp/auto_grout/agh_top.html
開発会社 日新興業株式会社 共和コンクリート工業株式会社 中大実業株式会社

災害対応関連工事・業務における活用実績

活用工事・業務件数 0 件
実績1 工期 災害名
工事・業務名 発注者
実績2 工期 災害名
工事・業務名 発注者
実績3 工期 災害名
工事・業務名 発注者
実績4 工期 災害名
工事・業務名 発注者
実績5 工期 災害名
工事・業務名 発注者

連絡先

郵便番号 882 - 0812
住所 宮崎県延岡市本小路74
連絡担当者 土木営業部  牧田 健作 (マキタ ケンサク)
TEL 0982-33-2456
TEL2 0982-33-2455
FAX 0982-21-3745
メールアドレス kensaku_makita@nissinkohgyo.co.jp

Copyright 2011, New Technology Information System.All Rights Reserved..