技術情報詳細

一覧へ戻る

NETIS登録番号 QS-980069  (より詳細なNETIS情報へリンクしております)
技術名称 Balloon Body Anchor
ジャンル 補修・修復(その他(岸壁補修)),仮設(その他(仮設土留め))
技術概要 埋立・軟弱地盤を対象とした球根状のアンカー体を有する仮設及び永久アンカー工法である。薄い鉄板を折り畳んで作った鋼製チューブ状のBB本体を予定深度まで注入用鋼管を継ぎ足しながら設置した後、セメントミルクで本体を加圧膨張させテンドンを挿入する。
震災対応上の特徴 液状化を起こすような軟弱地盤でもアンカー体の定着が可能であり、従来の摩擦型アンカーに較べ、短いアンカー体長で高耐力アンカーが施工可能であるので、液状化した地盤での開削工事の仮設土留めアンカーなどを確実にかつ素早く施工できる。
関連URL http://www.chemicalgrout.co.jp
開発会社 バルーン・ボディ協会

災害対応関連工事・業務における活用実績

活用工事・業務件数 2 件
実績1 工期1996年02月24日 ~ 1996年04月20日 災害名阪神・淡路大震災
工事・業務名神戸新港第4突堤西岸壁復旧工事 発注者旧運輸省第三港湾局
実績2 工期1996年09月25日 ~ 1996年12月10日 災害名阪神・淡路大震災
工事・業務名神戸市東灘処理場災害復旧関連工事 発注者神戸市建設局下水道部
実績3 工期 災害名
工事・業務名 発注者
実績4 工期 災害名
工事・業務名 発注者
実績5 工期 災害名
工事・業務名 発注者

連絡先

郵便番号 105 - 0001
住所 東京都港区虎ノ門2-2-5 共同通信会館 ケミカルグラウト㈱内
連絡担当者 バルーン・ボディ協会 佐藤 守
TEL 03-5575-0511
FAX 03-5575-0572
メールアドレス m-satou@chemicalgrout.co.jp

Copyright 2011, New Technology Information System.All Rights Reserved..