技術情報詳細

一覧へ戻る

NETIS登録番号 QS-990022  (より詳細なNETIS情報へリンクしております)
技術名称 SGICP工法(旧技術名: ICPブリース工法)
ジャンル ライフライン復旧
技術概要 SGICP工法は非開削で老朽化した下水道管きょを更生する工法で、熱硬化性樹脂をフェルトに含浸したライニング材を既設管内に挿入し、温水循環システムによりライニング材を硬化させ、老朽管の中に新管を構築することができる。非開削のため、産業廃棄物が排出されず、道路や近隣施設への影響が少ない工法である。
震災対応上の特徴 SGICP工法は非開削で老朽化した下水道管きょを更生する工法で、レベル1およびレベル2地震動に対する耐震設計が可能である。また既設管にズレや屈曲が発生しても更生が可能である。さらに非開削工法であるため産業廃棄物が排出されず、大型機材が不要であるため他の復旧作業への影響が少ない工法である。
関連URL http://www.3sicp.jp/
開発会社 株式会社湘南合成樹脂製作所

災害対応関連工事・業務における活用実績

活用工事・業務件数 0 件
実績1 工期 災害名
工事・業務名 発注者
実績2 工期 災害名
工事・業務名 発注者
実績3 工期 災害名
工事・業務名 発注者
実績4 工期 災害名
工事・業務名 発注者
実績5 工期 災害名
工事・業務名 発注者

連絡先

郵便番号 103 - 0021
住所 東京都中央区日本橋本石町3-1-2ダヴィンチ新常盤橋6階
連絡担当者 3SICP技術協会 大塚 孝
TEL 03-6202-4646
メールアドレス 3sicp-info@3sicp.jp

Copyright 2011, New Technology Information System.All Rights Reserved..