技術情報詳細

一覧へ戻る

NETIS登録番号 SK-980029  (より詳細なNETIS情報へリンクしております)
技術名称 カーテンネット工(CN工法)
ジャンル 応急復旧
技術概要 支柱間隔を広く開け落石を受け入れる高エネルギー吸収防護網工である。急傾斜面や落石頻度が高い沢状箇所にも設置でき、落石を網上方から網尻まで誘導し受け止めた後、簡単に除去できる。また緩衝装置等なしの弾性域内設計、連続衝撃にも耐える補強面材構造のため、維持管理面も優れる。重錘衝突実験にて強度は実証済み。
震災対応上の特徴 道路や鉄道災害復旧工事の安全対策として、上部の地滑りや土砂崩壊後の斜面でも比較的安定した箇所を選び設置できる(仮設工として阪神淡路大震災、六甲地区にて対応)。使用材料は国内在庫であり全国に専属施工班を整備しているため、工事開始までの時間を短縮できる。
関連URL http://www.tokyorope.co.jp/EG/
開発会社 東京製綱株式会社

災害対応関連工事・業務における活用実績

活用工事・業務件数 3 件
実績1 工期1995年4月4日 ~ 1996年2月29日 災害名阪神・淡路大震災
工事・業務名平成6年度地域防災対策総合治山事 発注者兵庫県六甲治山事務所
実績2 工期1995年4月4日 ~ 1996年3月25日 災害名阪神・淡路大震災
工事・業務名平成6年度災害関連緊急治山事業 発注者兵庫県六甲治山事務所
実績3 工期2001年3月1日 ~ 2001年11月30日 災害名平成13年芸予地震
工事・業務名主要地方道日野溝口線道路災害復旧工事 発注者鳥取県根雨土木事務所
実績4 工期 災害名
工事・業務名 発注者
実績5 工期 災害名
工事・業務名 発注者

連絡先

郵便番号 541 - 0054
住所 大阪府大阪市中央区南本町2-5-9
連絡担当者 エンジニアリング事業部大阪支店 橋口寛史
TEL 06-6252-5820
メールアドレス hashiguchi.hiroshi@tokyorope.jp

Copyright 2011, New Technology Information System.All Rights Reserved..