技術ジャンル検索

キーワード検索:

検索キーワード:   検索結果件数:2015件

[先頭]  <<    1   2   3   4   [5]   6   7   8   9   10   11   >>   [最後]

技術名称
NETIS登録番号
震災対応上の特徴 ジャンル
ステンレスライニング工法
KK-050080
既設管渠の劣化に伴う様々な不具合に対応し、より経年変化に強いステンレスを用いて更生する工法です。 ライフライン復旧
ケーソン製作(内型枠スライド)時の型枠支持用ブラケット工法 
HKK-150001
復興に伴うケーソン製作時の内型枠組立組外する際、内型枠と内足場の一体化と共に内型枠スライド前にK式ブラケットを設置する事により、そのまま次層に内型枠をスライドさせる事ができ、開口部が無く安全性に配慮して施工できる。 その他
KSタラップ
HKK-130001
復興に伴うケーソン製作の鉄筋組立時、隔壁の鉄筋を組むと鉄筋の壁で仕切られてしまい、隣のマスに行くには壁鉄筋に梯子を掛けたり、鉄筋を直接乗り越えたりしていました。 この工法では鉄筋組立前に隔壁の4交差部にKSタラップを予め配置をする事で、いつでも3方向に移動ができ、安全施工に適応しています。 仮設(足場)
油圧式敷板鋼板移送装置
HK-150007
バックホウとそのオペレータ一人で敷鉄板の敷設作業を行うことが出来る技術である。 例として、ガレキや重機、資材・機材を運搬する運搬車、ガレキ等の障害物の撤去や建設工事に使用する重機の走行と作業する足場の確保、消防車等の緊急車両が通行するための仮設道路として敷設する敷鉄板の敷設作業を行うことが出来る。 仮設(足場)
「HSS粉塵回収複合装置搭載型 路面切削機」
KT-150071
指定された土壌及び路面等の表層部を、切削除去し回収する作業において、切削により発生し、作業現場周辺に浮遊する粉塵を、当該装置により捕捉回収し、安全な作業の確保と周辺への粉塵拡散被害の抑制ができる。 補修・修復(路面)
コンクリート保温保水養生気泡緩衝シート
HK-150002
コンクリート構造物の養生が手軽にできる。また、保温養生ができるので東北地方で使用するのに適している。 補修・修復(コンクリート構造物)
固定翼UAVによる三次元地形計測システム
KT-150049
固定翼UAVによる近接写真測量では、短時間で広範囲の計測が可能となり、効率よく地形形状把握ができる。また、広範囲の計測が少人数で行えるようになるため、労務費が削減され、経済性が向上すると同時に、測量作業が軽減されるため、省力化となり、施工性が向上する。 計測・測量
バイオ製剤OEによる消臭・防カビ工法
KT-150060
震災が発生すると、ゴミ、瓦礫に腐敗菌が付着して悪臭が発生し、震災後の生活や作業にストレスを及びます。また水濡れによりカビが発生しやすくなります。「OE」は消臭有用菌として腐敗臭の元を分解除去するだけでなく、腐敗菌やカビの動きを抑制します。作業も噴霧するだけで簡単で、環境にも人体にも安全安心です。 がれき・土砂処理(収集)
エコジオ(ECO GEO)工法
CB-110013
軟弱地盤対策、及び地震時の液状化対策として、住宅・擁壁・ボックスカルバート・マンホール等、小規模構造物へ適用できる。幅2.0m程度の小型地盤改良機を使用するため、狭小地での施工が可能であり、騒音・振動が小さく周辺施設の影響を最小限に抑えることができる。 液状化対策
SWライナー工法(製管工法)
KT-150034
コンクリート管きょの復旧・復興工事において、非開削で供用水を止めることなく、既設管の段差・屈曲・隙間等に対応した施工ができる。製管や充てん時の管きょ内作業を減少させ、作業の安全性に配慮した製管工法。また、更生した管きょは流下能力や耐薬品性・耐摩耗性等が向上するとともに、耐震性能を有する。 ライフライン復旧

Copyright 2011, New Technology Information System.All Rights Reserved..