技術ジャンル検索

キーワード検索:

検索キーワード:   検索結果件数:2018件

[先頭]  <<    1   [2]   3   4   5   6   7   8   9   10   11   >>   [最後]

技術名称
NETIS登録番号
震災対応上の特徴 ジャンル
スマートデバイス用 デジタル野帳アプリ
KT-180030
災害現場の状況を写真、動画で残し、手書きメモも加えて他所と簡単にリアルタイムに情報共有が可能。 情報通信、情報共有
土壌改良材DWファイバー
KT-170110
ファイバーに添加しているフルボ酸は,土に吸着している養分を切り離すキレート効果が高く,塩類集積した津波汚泥からナトリウムイオンを土外へ放出する効果がある。ファイバーは土壌の透水性改善効果があることから自然降雨での除塩効果が期待できる。更なる除塩効果を期待する場合は,フルボ酸の追加投与が効果的である。 がれき・土砂処理(再生)
ロードクリニック
QS-030047
道路の破損状況を確認する調査において、本システムにより計測することで、縦断形状の異常箇所(段差等)を迅速に把握することができます。IRIを測定し1~10m毎に解析することにより、異常箇所を抽出します。さらに、同時に測定したひび割れ画像から、その箇所のひび割れ状況を詳細に把握することが可能です。 計測・測量
傾斜測定管理システム「チルトウォッチャー」
KT-170096
倒壊や地滑り等の懸念がある箇所や工事において、支保工や仮設物、或いは構造物本体の傾斜、又は地滑り変位を計測を行います。 なお、24時間無人で計測が出来る上、インターネット環境があれば、リアルタイムにクラウド上へデータを送信出来るので、常にどこからでも計測値を把握出来る事から、安全性の向上が図れます。 計測・測量
スマホで路面性状計測(バンプレコーダー)
KT-170105
自動キャリブレーション機能を備えているため、現地で調達した車両とスマートフォンでもすぐに計測可能。被災地が遠方でも飛行機などで現地に向かいレンタカーなどで調査できる。スマートフォンを車両にしっかり固定しておけばよく、使い方も難しくない。 計測・測量
ハイグリップ・メタルバンド
KT-170094
凍結融解試験を実施済みであり、寒冷地の沿岸部での使用実績がある。ハイグリップ・メタルバンドは穴あき鋼板で適度な剛性があるので、取り付け時、コンクリート打設時の施工性が良い。 補修・修復(コンクリート構造物)
Tクラムシェルバケット工法
KT-150122
現在、実績は、ダム湖等に流入した流木等の浮遊物の回収だけですが、同様に、津波等の震災で、海、河川に流出した流木等の浮遊物の回収効率が大幅に改善され、工期の短縮を図ることができる。 がれき・土砂処理(収集)
ハングユニットR
KT-170045
震災復旧工事などに於いて、仮設昇降階段を必要とする箇所。特に、自立足場にて昇降階段を設置出来ない箇所に於いて、吊り型昇降階段として活用できるところが震災対応上の特徴である。 仮設(足場)
グラスグリッド
KT-160100
災害復旧工事における打替や切削オーバーレイ工法による路面補修において、施工路盤にクラックが発生していると早期にリフレクションクラックにより表層路盤の破損が予想されます。この対策としてグラスグリッドを用いるとリフレクションクラックが抑制でき舗装の長寿命化につながります。 補修・修復(路面)
NRアンカー
KT-160115
本技術は,震災により損傷した橋梁の復旧工事などに活用することが可能である.例えば,支承取替え工で使用するジャッキアップブラケットを下部工に設置する場合,本技術により工程短縮や現場作業の簡略化ができ,橋梁の早期復旧が図れる.また最低-10℃の低温下でも使用可能なため,冬季の施工にも活用できる. 補修・修復(橋梁)

Copyright 2011, New Technology Information System.All Rights Reserved..