技術ジャンル検索

キーワード検索:

選択ジャンル:河川護岸   検索結果件数:625件

[先頭]  <<    1   2   3   4   5   [6]   7   8   9   10   11   >>   [最後]

技術名称
NETIS登録番号
震災対応上の特徴 ジャンル
ドラゴンドレーン
KT-070076
従来工法の現場打コンクリートによる水路の製作に比べ、工期を90%程度短縮することができるため、被災地における堤防の川裏法尻部の堤脚水路工事において、迅速な災害復旧工事を行うことができます。 補修・修復(河川護岸)
大型六角形修景護岸ブロック「あずさ」
HR-020014
出水時に転石などにより護岸工が破壊される恐れがあるような場合や、上下流周辺が自然石護岸で連続性をもたせる必要がある場合などに、天然石を埋め込んだ石張り護岸を簡単に構築できる。また、擬石面にも対応可能。 補修・修復(河川護岸)
ネクストーン
CB-980078
即時脱型製法により、短期間で大量の生産が可能である。そのため災害復旧工事などの「短納期で大量の注文」にも対応が可能である。 補修・修復(河川護岸)
テラフィックス
CB-980079
ドイツより導入した大型の即時脱型製造設備により、短期間で大量の生産が可能である。そのため災害復旧工事などの「短納期で大量の注文」にも対応が可能である。 補修・修復(河川護岸)
AK式NSブロック(環境保全型ブロック)
HR-990101
当社NSブロック各種は1ヶ1㎡以上の製品で省力化製品であって、機械での施工が出来、期間の短縮が可能で災害復旧などの緊急工事に適しています。又、上記にあるように草や藻が生えやすく、魚類が生息しやすいという特徴から、被災地の河川等が早く元の美しい姿に戻すことができます。 補修・修復(河川護岸)
スーパーグラストン
HR-080026
自然景観の保全・復元が必要な護岸工に使用され、且つ、4㎡と大型化されているため、省人化・省力化とともに急速施工が可能。 補修・修復(河川護岸)
がんぐりまっと
CB-030040
①河川堤防や防潮堤の法面保護工事に適用可能。 ②現地で発生した石材を使用することも可能。 ③従来の工法である空石張り工法と比較し、施工速度が速いため復旧工事の短縮が可能。 ④袋詰め根固用袋材(ボトルユニット)を併用し不陸調整材をして使用することで、法面整形の手間を軽減し施工が可能。 補修・修復(河川護岸)
L型笠コンクリート
HR-990031
笠コンクリートをプレキャスト化することによって、河川の水位等の条件により工期が左右されず、省人化・工期の短縮と修景効果を図れる。 補修・修復(河川護岸)
護岸名人
CB-090037
ブロック設置の際、想定外の荷重が作用すると予測される地盤が軟弱な場所や省力化が求められる箇所に適用できる。 補修・修復(河川護岸)
自立型間知ブロック積工法
KT-100010
河川の護岸復旧工事や道路、宅地造成地の法面災害の擁壁復旧工事として適用でき、工事期間の短縮(早期完成)が出来る。 補修・修復(河川護岸)

Copyright 2011, New Technology Information System.All Rights Reserved..