技術ジャンル検索

キーワード検索:

選択ジャンル:海岸   検索結果件数:366件

[先頭]  <<    6   7   8   9   10   [11]   12   13   14   15   16   >>   [最後]

技術名称
NETIS登録番号
震災対応上の特徴 ジャンル
PCF工法 PC-Ⅲ型
KT-990278
海岸防波堤・道路擁壁・河川護岸・砂防堰堤等の工事において、工期短縮・コスト削減・景観性の向上・安全性の向上等の効果が期待できる。 補修・修復(コンクリート構造物,河川護岸,海岸,その他)
小型薄層切削機 フラット1(ワン)
HR-120014
小型・軽量(485kg)な為、工事車輌一台で電源(三相200V、45kVA)とセットで簡易に運搬が可能で、震災を起因とするAS舗装の段差、うねり、コンクリートの凹凸(最大40mm程度)の速やかな切削対応が可能であり、交通安全性の確保に寄与出来る。 補修・修復(コンクリート構造物,橋梁,路面,海岸)
岸壁・護岸補強アンカー工法
KTK-100010
本技術は耐震性が確認されたナット定着方式グラウンドアンカーを用いて、岸壁や護岸の復旧や補強を行うもので、安価に短工期で施工できる。本技術は岸壁や護岸の陸側背面に施工の影響が及ばないので、岸壁や護岸の背後に建屋等がある場合には特に効果を発揮できる。 補修・修復(コンクリート構造物,海岸)
応急復旧
その他
ヘキサ鋼製組立篭
HR-070015
比較的対応の遅れている河川護岸や砂防、および新規宅地造成等における山留工にたいし、高機能で施工手順の容易な本製品を使用することにより、復旧工事の工事期間短縮が図れる。ひいては早期復興の一助となり得ると考えます。 補修・修復(河川護岸,海岸,その他)
応急復旧
「パワーディガー」 バックホウ 2Dガイダンスシステム
CB-110038
バックホウを使用するすべての土工工事に対応。バケット位置を正確にオペレータにガイダンスすることにより、作業効率アップによるコスト削減、精度の向上(余堀の削減)、安全性の向上が図られる。また、特に浚渫作業などの不可視部分での作業ではより大きな効果が期待できる。 補修・修復(河川護岸,海岸,その他)
水中作業
ASシャトルスペーサー
CG-090025
鉄筋コンクリート工事全般に使用可能。 新規躯体工事はもちろん補強工事においても使用可能です。 お気軽にお問い合わせください。 補修・修復(コンクリート構造物,橋梁,河川護岸,海岸)
TP工法
QSK-080002
新設、既設鋼管杭の防食が可能。チタンを用いたことで、従来技術(樹脂製カバー)に比べて耐久性が向上。鞘管固定方式を採用したことにより加工コストを抑え、カバー加工期間の短縮を図った。 補修・修復(橋梁,海岸,その他)
水中作業
セットフォーム工法
CB-040060
液状化による地盤沈下等により発生した空洞充填工事において、最大40倍に発泡する(現場持ち込み量が少ない)材料と、コンパクトな設備(約1m×1m)を用いて容易に施工が可能である。また、約30分でほぼ最終強度に達し、短納期での施工が可能です。 液状化対策
補修・修復(コンクリート構造物,河川護岸,海岸)
NSSブロック
CG-040013
対応場所:道路・造成等の土留め擁壁の復旧、河川・水路等の護岸復旧 耐震性:東日本大震災宮城県(震度6弱)NSSブロックに損傷見られず。 排水性:胴込材には砕石を使用(がれきの処分・再生可能)経済的にも優れます。 施工性:大型パネル採用により効率UP、自立式ブロックのため、施工中の安全確保と施工性を改善。 がれき・土砂処理(再生,処分)
補修・修復(コンクリート構造物,海岸)
ワイヤーソーSGフォーム工法
SK-040005
解体・補修するコンクリート構造物が海・河川等の周辺で、切削汚水が流出すると環境が破壊される現場。 補修・修復(コンクリート構造物,橋梁,河川護岸,海岸)

Copyright 2011, New Technology Information System.All Rights Reserved..