技術ジャンル検索

キーワード検索:

選択ジャンル:海岸   検索結果件数:368件

[先頭]  <<    1   [2]   3   4   5   6   7   8   9   10   11   >>   [最後]

技術名称
NETIS登録番号
震災対応上の特徴 ジャンル
CALMOS(カルモス)
KK-980024
①被災した離岸堤・消波堤工事、防波堤工事、防波堤を兼ねた突堤工事。 ②SRC上部工、鋼製ジャケット等の製作は陸上(工場等)で行うため、現地の海上工事日数が短い。 ③CALMOSの内部空間は魚礁効果がある。 補修・修復(海岸)
プレキャスト埋設型枠SRフォーム
KT-180067
津波・高潮対策における河川・海岸堤防(防潮堤、高潮堤等)の被覆工事に用いる大型プレキャストブロックの埋設型枠であり、現場打ち型枠工法と同様の仕様を確保します。従来工法の型枠組立、解体・撤去等の現場作業が削減され工期を短縮できることから緊急性の高い津波・高潮被害の災害復旧、対策に有効です。 補修・修復(河川護岸,海岸)
在来植物による飛砂防止緑化工法はまみどりマット
HR-140023
本技術は、地域の在来植生で緑化されることが大きな特徴であり、震災で失われた海浜植生の再生・復元に活用できる。また震災復旧の際に造成された養浜海岸や、重機等の進入により裸地化した海浜、砂質盛土部における飛砂防止及び表層安定化工として活用できる。 補修・修復(海岸)
その他
鋼管無双工法
KT-100090
震災により陸地が地盤沈下している場所があり、満潮時に海水が家の軒先まで迫っている現状に対応するために無双工法を活用し鋼管杭を海岸線の自由な場所に打設することにより遮水壁を設置し浸水を防ぐことができます。又、基礎工事が不要な当工法は早期完成が求められる現状に最も適していると思われます。 補修・修復(河川護岸,海岸)
ワイド河川遮水シート
CB-110017
本製品は重ね代が広いため、従来製品より遮水効果が高いです。堤防の応急復旧工事で、盛土の締め固め、圧密の時間が十分に取れず、盛土変形等によりシートがズレても、重ね代が規定量確保でき遮水効果の減少を防ぐことができます。 補修・修復(河川護岸,海岸)
ニードキーパーNK
KK-040003
高伸度・高強度合成繊維不織布です。港湾・埋立等の土木建設工事における吸出し防止・洗掘防止に使われます。 伸縮性と弾性があり、優れた耐衝撃性をもっており、瓦礫などの突起物に対しても容易に破れないため、瓦礫の下に敷く分離材等、震災復旧に優れた効果を発揮することが期待されます。 補修・修復(海岸)
応急復旧
テトラックPG(P.E.C.工法)
SK-980031
大型ブロックであり施工性に優れている。 補修・修復(河川護岸,海岸)
水中充填材
KKK-060004
護岸、堤防等に見られる洗掘による空洞、湧水によるトンネル背面空洞、捨石、砂礫層空隙などの充填材として耐震補強に威力を発揮します。 補修・修復(河川護岸,海岸)
スティ―プバンク
SK-030018
空積みブロックなので、従来の練積みブロックより施工性に優れている。 補修・修復(河川護岸,海岸)
ラジアルストーン工法
SK-050016
・従来工法に比べ、74%の工程短縮 ・景観性の向上に寄与 ・空張・練張対応可能 補修・修復(河川護岸,海岸)

Copyright 2011, New Technology Information System.All Rights Reserved..