技術ジャンル検索

キーワード検索:

選択ジャンル:海岸   検索結果件数:359件

[先頭]  <<    1   2   [3]   4   5   6   7   8   9   10   11   >>   [最後]

技術名称
NETIS登録番号
震災対応上の特徴 ジャンル
浚渫土砂の効率的な減容化処理技術
TS-030007
河川や港湾等に溜まっている軟弱な底泥(ヘドロ)を浚渫し、脱水処理することにより、減容化とともに、強度増加が期待できるため、盛土材料などの土工材料としての有効利用が図れる。 補修・修復(海岸)
水中作業
大型矢板護岸ブロック「ハーバーキャップ」
SKK-080001
港湾施設の鋼管鋼矢板上部護岸構造物の上部工の一部をプレキャスト化することで大幅に工期の短縮が図られ、早期に港湾施設の復旧を可能とします。また建設廃材の発生を最小限に抑えることもできます。 補修・修復(コンクリート構造物,海岸)
エコジオドレーン工法
KTK-070005
地震により沈下した地域では、地盤の嵩上げ対策が重要になる。本工法は盛土等により嵩上げ対策を含めた土地の整備・造成する場合に、地盤の沈下対策・強度増加に適応する。また環境に配慮した材料のため、その後の工事への影響も少ない。 補修・修復(海岸)
その他
ジオドレーン工法
KTK-080003
地震により沈下した地域では、地盤の嵩上げ対策が重要になる。本工法は盛土等により嵩上げ対策を含めた土地の整備・造成する場合に、地盤の沈下対策・強度増加に適応する。 補修・修復(海岸)
その他
海藻植え付け方式による藻場造成ブロック工法
HRK-060001
震災により被災した海岸施設(特に人工リーフなど)の復旧の際に、この工法を用いることにより、コンクリートブロックによる防護のみらず環境の早期回復にも寄与できる。 補修・修復(海岸,その他)
FRP製水門
CB-050025
平成21年度にNETIS試行調査にて採用された仙台沿岸部におけるFRP製水門扉は、本災害の直撃を受けた製品でしたが、損傷箇所は見受けられず、現行の再使用が可能と認められました。今後同条件の災害に見舞われた場合においても有効活用できるといえます。また軽量化により施工能力の軽減が図れます。 補修・修復(河川護岸,海岸)
プレキャストコンクリート護岸基礎工法
CB-980108
リサイクルタイプは、投入口を広げガラ等の中詰め材をモルタルとの混合で施工が可能。 型枠の組立・脱型、養生など工期が大幅に短縮され、水替え期間の短縮による経費削減、汚濁低減等、総合的には経済的です。 協力会社の2次製品製造工場が福島県喜多方市・岩手県一関市・茨城県行方市にあり、現地へ対応が可能です。 補修・修復(河川護岸,海岸)
港湾用PC矢板
KTK-060005
港湾用PC矢板による連続壁を構築することで,①前出し施工による既設港湾岸壁の法線修復,②決壊した防潮堤や河川堤防の復旧および津波越流による河川堤防の裏法面の洗堀防止,③堤防機能を持たせる盛土構造の道路・鉄道として、津波に強いコンクリート擁壁構造物とする。 補修・修復(河川護岸,海岸)
ストリームライン
KK-040070
河川、海岸のパラペット護岸工事、嵩上げ護岸工事に適用します。特に建物が隣接するなど工期短縮を必要とする箇所。茶系の色合いと波型形状をしているので景観の向上を必要とする箇所。波型形状の薄型となるのでスペースの有効利用をしたい箇所に適します。 補修・修復(河川護岸,海岸)
ボックスギャビオン
KK-040055
ボックスギャビオンは、吊上げ施工が可能なので、設置場所以外で石詰作業を実施し、運搬して設置できます。 補修・修復(河川護岸,海岸)

Copyright 2011, New Technology Information System.All Rights Reserved..