技術ジャンル検索

キーワード検索:

選択ジャンル:その他   検索結果件数:586件

[先頭]  <<    1   2   3   [4]   5   6   7   8   9   10   11   >>   [最後]

技術名称
NETIS登録番号
震災対応上の特徴 ジャンル
エコアップ緑化工法
QS-050010
震災による崩壊斜面は,冬期には凍雪害,春季には融雪水,夏~秋季には台風等の豪雨による法面侵食が懸念される。本工法は,作業完了時点から侵食を受けない植生基盤層を法面に造成し,施工時期に左右されない緑化工事と効果的な法面保護を実現,緊急性のある災害斜面で地域性系統による自生種群落の創出を可能とした。 補修・修復(その他)
エコフォーム
KT-980206
砂防ダムの構築において本技術を適用することにより,安全性の向上、大幅な省力化、省人化、工期短縮、景観性の向上が達成できる。 施工時において型枠ブロックは自立し,従来の化粧型枠のように脱型する必要が無いため,早急に対策が必要な場所においては,特に大きな効果が期待できる。 補修・修復(その他)
テンサーVIG工法
CB-040008
大型プレキャストコンクリートパネルの使用により、現場打ちコンクリートの低減、施工の合理化が可能であり、被災した盛土の応急または本復旧に活用できる。補強材は、面状のジオグリッドであるため、盛土材の適用範囲が比較的広く現地発生土の利用も条件により可能である。 補修・修復(その他)
密閉二重グラブサイフォン排砂システム
KT-070098
天然ダムが発生した場合、ポンプを使用する従来の方法は、ゴミ詰まりを生じさせ機能を充分に発揮しないことが多い。本技術は、本来は土砂を搬送するものであるが、サイフォンを利用してゴミ詰まりなく、排水することが可能である。 補修・修復(その他)
角形鋼管製車止め
QSK-070001
①本体を固定している箇所が長穴になっている為、地震時の上部工の変動を吸収する構造になっている。 ②取外しが容易であることから、上部工の復旧時に再利用が出来、製品の購入コストの削減につながる。 補修・修復(その他)
サイフォン排砂システム
KT-060148
天然ダムが発生した場合、災害復旧作業の問題点として、運搬できる機材の寸法・重量が制限される為、従来の大水量のポンプや発電機等の重量物は搬入に時間を要します。本技術はヘリコプター、軽車両等で搬入し、簡単に設置し、無動力で排水することができます。 補修・修復(その他)
バリアフリー対応型縁石 STEP縁石(2ステップタイプ)
KK-080030
コンクリート2次製品なので据付けから供用までの時間を短縮し、かつ、型枠撤去等の手間削減が期待できます。歩道の車両乗入れ部で車両運転者に注意を促しつつ、境界高低差を2ステップで緩和して自転車等の転倒を防ぎます。災害復旧時の車の往来が著しく多く、自転車などが危険回避で歩道に乗入れる際の転倒防止に有効です。 補修・修復(その他)
バリアフリー対応型縁石 Sweet縁石(多段タイプ)
KK-080031
コンクリート2次製品なので据付けから供用までの時間を短縮し、かつ、型枠撤去等の手間削減が期待できます。また、がれき撤去などのリヤカーや台車での移動をスムーズにしつつ、縁石が多段形状であることで、歩道と車道の境界であることを道路利用者に注意を促すことができます。 補修・修復(その他)
多数アンカー式補強土壁工法
KT-980087
災害からの早急な復旧・復興には,支援物資や資材を運搬するための道路機能の回復が必要不可欠です.プレキャスト部材を用いるため迅速な施工が可能な多数アンカー式補強土壁工法は,被災した道路盛土やコンクリート擁壁の崩壊で喪失された道路機能を早期に回復し,復旧・復興をサポートすることができます. 補修・修復(その他)
サンダーグリーン工法
SK-100014
震災により崩壊した斜面の復旧や盛土法面の緑化工に適用できる。対象法面が酸性土壌や酸性硫酸塩土壌からなる場合、本工法の適用によって土壌酸性度を矯正し、永続的な緑化を施すことができる。 補修・修復(その他)

Copyright 2011, New Technology Information System.All Rights Reserved..