技術ジャンル検索

キーワード検索:

選択ジャンル:その他   検索結果件数:553件

[先頭]  <<    2   3   4   5   6   [7]   8   9   10   11   12   >>   [最後]

技術名称
NETIS登録番号
震災対応上の特徴 ジャンル
ECW工法
TH-020021
ECW-Ⅰ型(二軸同軸式)は硬質地盤等の施工が主ですが、被災損傷した既存構造物を残置したままでの造壁も可能です。ECW-Ⅱ型は一般地盤に於いて土留壁、止水壁に利用されていますが、新設築堤下の遮水壁を5軸施工により短期間に造壁できます。 補修・修復(その他)
ネプラス工法
HR-060021
側溝上部改修製品により高さ調整が容易に可能。沈下や隆起により段差が生じた側溝も容易に復旧可能です。通常施工時と同様に掘削の必要は基本的にありません。(但し排水勾配の整正に関しては別途調整コンクリート等の施工が必要になります。) 補修・修復(その他)
ブレーカのハツリ騒音低減機材 (商標名:チゼル ノイズ サイレンサー)
CB-080035
スピードが要求される、震災復旧、復興工事において、工事騒音に対し配慮が必要とされる地区(病院、店舗、学校、住宅地等)、夜間工事等において周辺への騒音環境を緩和します。 補修・修復(その他)
エアーキッド工法
QS-050008
家屋が密集した急傾斜地の下部や高所・狭所など搬入が困難な現場でも、仮設が容易で低振動・低騒音の作業が可能である。エア駆動による二重管削孔のため、用水や電力が軽減され孔壁も保持できて補強鉄筋の定着が確実である。また、道路法面でも、従来技術に比べて作業足場が小さくて済むので仮設費が縮減される。 補修・修復(その他)
W凾渠
HR-080022
上下二分割式となっており狭い所でも安全な施工が可能です。 補修・修復(その他)
ピア-リフレ工法
KT-060074
被災した鉄筋コンクリート橋脚を鋼板巻立により補修を行う場合、大規模な仮設が不要で、施工性、経済性に優れます。特に空頭制限が厳しい条件で有効です。また、圧入工法であるため堤防などの開削ができない施工条件にも有効な工法です。 補修・修復(その他)
PCウェル-リフレ工法
KT-000063
被災したPCウェルを鋼板巻立により補修を行う場合、大規模な仮設が不要で、施工性、経済性に優れます。特に空頭制限が厳しい条件で有効です。 補修・修復(その他)
仮締切STEP工法
KT-070065
河川等の水中の橋脚の補修などを行うためには、周囲を締め切るための仮設工事が不可欠です。空頭制限が厳しい環境では、従来の鋼矢板締切では、施工性、経済性に問題があります。本工法はこのような空頭制限が厳しい条件において、施工性、経済性に優れます。 補修・修復(その他)
カルシウム付与剤併用型表面含浸工法「プラスCa」
KT-180101
中性化したコンクリートへの改質効果が期待でき、耐久性を向上し、品質の向上が図れます。また、新設や混合セメントを用いたコンクリートへも対応可能なため、コンクリートの耐久性を向上させることが可能です。 補修・修復(コンクリート構造物,その他)
マルチジェット工法
KT-140048
・液状化対策工法として有効とされる格子状改良を、低コストで行うことができる。 ・周辺への影響(振動・騒音・変位)が少なく、市街地への適用が可能。 ・狭隘部用の小型マシンにより、戸建住宅敷地内での施工が可能。 ・空頭制限高さ2.3mまで施工可能。 液状化対策
補修・修復(その他)

Copyright 2011, New Technology Information System.All Rights Reserved..