技術ジャンル検索

キーワード検索:

選択ジャンル:足場   検索結果件数:68件

<<    1   2   3   4   5   [6]   7   >>   

技術名称
NETIS登録番号
震災対応上の特徴 ジャンル
ミニウォール工法 
KT-140131
施工機のテレスコピック型ブームの先端に取り付けた懸垂式リーダをガイドとしたチェーンカッターで溝壁の掘削を行うため、ブームを延伸させることにより施工機が近接できない狭隘な場所や段差のある場所での施工が行える。 液状化対策
補修・修復(コンクリート構造物,路面,河川護岸,海岸)
仮設(足場)
応急復旧
フェニックス・ステージ工法
KK-120021
空頭制限下での橋梁維持補修工など作業構台(道路橋・鉄道橋の耐震補強、洗掘対策等維持補修)の構築に有効で、あらゆる工事の重機足場、車輛道路を素早く確保することで後の工事工程や経済活動の再開を支援し事業停止による損失を抑え、様々な事業主体の災害復旧支援技術として活用できる。 ライフライン復旧
補修・修復(コンクリート構造物,橋梁,河川護岸,海岸)
仮設(足場)
応急復旧
スパンクリート多自然型PCポーラス
KT-070016
製品は厚さ70~350mmまで、長さは板厚の50~60倍まで製造可能。重量も用途に合わせて、空胴の大きさやポーラス断面の調整により、自由に設計できる。寸法が決まれば、2週間ほどで納品。工場加工が原則なので、現場加工無しが前提。製品寸法にもよるが、長尺物であれば、従来の1/2以下の工期となる。 ライフライン復旧
補修・修復(河川護岸,その他)
仮設(足場,その他)
応急復旧
その他
環境対応チェンソーオイル
KK-060027
震災で発生した瓦礫中の木材や立ち木の処理時に鉱物油系のチェンソーオイルを使用すると、水質・土壌環境中に鉱物油が蓄積され汚染がさらに進む。しかし、植物油をベースにした生分解性のYSバイオチェーンオイルを使用すると、作業時に排出された油は分解し蓄積される事はないため周辺環境の負荷が軽減され復旧を早める。 がれき・土砂処理(収集,再生,処分)
補修・修復(橋梁,河川護岸)
仮設(足場)
応急復旧
エコクレーン
HK-100026
消費燃料が少なくて済むため、燃料調達が不便な現場での作業に有利です。 また、排出ガスの発生も抑えられるため、大規模工事現場での環境配慮に有利です。 さらに、クレーン付きトラックなので、被災地への資材運搬と設置が1台で行え効率的です。 がれき・土砂処理(収集)
補修・修復(コンクリート構造物,橋梁,河川護岸)
仮設(足場,仮設トイレ)
その他
SEP星都
KKK-070001
海上からアクセス可能な港湾・河川下流域等の護岸工事で大型重機の作業足場として利用できる。レグで船体を支え甲板の自己昇降機能で潮位の影響を受けずに作業が可能で、搭載可能な機械装置を組み合わせる事で基礎杭、鋼管矢板工をはじめ護岸の各種障害物撤去等に幅広く運用できる。また、浚渫工事等にも適用できる。 ライフライン復旧
補修・修復(コンクリート構造物,橋梁,河川護岸,海岸)
仮設(足場)
応急復旧
多目的SEP〔星都〕
KK-070013
海上からアクセスする港湾・河川下流域はもとより陸上輸送も可能なため大型重機の作業足場として利用できる。レグで船体を支える甲板の自己昇降機能と潮の干満を利用し、クレーン付き台船や、起重機船などでは進入不能な浅瀬でも搭載可能な機械装置を組み合わせる事により基礎杭をはじめ障害物撤去など幅広い運用ができる。 ライフライン復旧
補修・修復(コンクリート構造物,橋梁,河川護岸,海岸)
仮設(足場)
応急復旧
LIBRA Ⅱ
KK-160025
支持杭本数を削減、河川に設ける生活道路や杭基礎形式の応急橋、護岸、港湾設備等、復旧工事の作業構台や車輛通行用道路を素早く確保する事で復旧工程の短縮や経済活動の再開を支援、様々な事業主体の災害復旧事業計画技術として活用できる。 ライフライン復旧
補修・修復(コンクリート構造物,橋梁,路面,河川護岸,海岸)
仮設(足場)
応急復旧
仮橋仮桟橋斜張式架設工法
KT-990222
生活道路の確保、杭基礎形式の応急橋、護岸、港湾設備、崩落した法面等の復旧作業用構台の早期確保ができる。あらゆる工事の重機足場、車輛道路を素早く確保することで、その後の工事工程や経済活動の再開を支援し事業停止による損失を抑え、様々な事業主体の災害復旧時BCP(事業継続計画)支援技術として活用できる。 ライフライン復旧
補修・修復(コンクリート構造物,橋梁,路面,河川護岸,海岸)
仮設(足場)
応急復旧
ヒートソイル工法
CB-100013
一般的な地盤改良は現場目標強度を4週後に保証するものであるが、本工法では同添加量において、概ね3日養生にて4週強度が得られる。時間との戦いとなる復旧・復興での地盤改良には最も望ましい地盤改良工法である。 がれき・土砂処理(再生)
ライフライン復旧
液状化対策
補修・修復(路面,河川護岸,海岸,その他)
仮設(足場)

Copyright 2011, New Technology Information System.All Rights Reserved..