技術ジャンル検索

キーワード検索:

選択ジャンル:水中作業   検索結果件数:67件

<<    1   2   [3]   4   5   6   7   >>   

技術名称
NETIS登録番号
震災対応上の特徴 ジャンル
カメレオン
QS-980106
施工実績は国交省及び各県に63万㎡あり、内仮締切工を削減した水中施工は15万㎡あります。又、全国各地に提携工場があり、供給面でも早期対応が可能です。又、特有のヒンヂ連結構造により、地盤沈下や液状化による沈下に追従でき、軟弱地盤・感潮域・水替えが困難な箇所・暫定護岸等において特に実力を発揮できます。 液状化対策
補修・修復(河川護岸)
水中作業
水中バイブロ式捨石均し工法
CGK-040001
被災した防波堤や護岸の基礎捨石マウンドを新たに均し作業を行う場合、本工法により急速施行(潜水士船均し能力に比して約15倍の均し能力がある)が可能である。 水中の濁りが大きい現場では、潜水士による捨石均し能力は大幅に低下するが、本工法では水中の濁りに影響されることなく均し作業が可能である。 補修・修復(海岸)
水中作業
無人化施工
DREAM工法
KT-990343
剛性の高いケーソン躯体は、耐震性に優れる橋脚などの基礎構造物構築の他、根入れ式防波堤に採用することなどにより、津波の脅威にも対抗可能である。また、止水性に優れる地下空間の創出により、立坑、雨水地下貯留施設、ポンプ場などを構築し、震災後の安全・安心な生活基盤の整備に大きく貢献可能。 水中作業
無人化施工
その他
木工沈床フリータイプ
KK-050072
在来工法と異なる底板メッシュ構造により中詰体積が増え、より多くのコンクリートガラの有効活用が図れます。又、耐候性(50年程度)、耐磨耗性、交点強力を有する芯鞘複合マルチフィラメントメッシュの蓋掛けにより、より効率的なコンクリートガラ処分が可能と成ります。 がれき・土砂処理(処分)
補修・修復(河川護岸)
水中作業
ゴビマット
KT-990407
堤防天端沈下・亀裂に伴い、崩壊した堤防法面の雨滴・流水などによる侵食防止にすぐれた防止効果を発揮します。また将来的には客土による植生により、周囲の自然環境の調和が図れます。なお1日当りの標準施工量が300m2であり、緊急時の河川護岸の応急復旧に効果を発揮します。 補修・修復(河川護岸)
水中作業
応急復旧
底質地盤改良工法(SIB工法)
QSK-100002
津波災害によって土砂等が堆積した海底の底質改良及び覆砂工事が行える。 特に、漁場の底質改善の為の工法としては施工実績もあり効果が期待できる。 がれき・土砂処理(再生)
水中作業
その他
水中グリッド工法
KT-100101
損傷した橋脚あるいは設計強度不足等の水中コンクリート構造物に対して、補強・補修を行う工法である。本工法は潜水士による施工であるため仮締切りと排水が不要となり、コスト削減と工期の短縮が可能である。 補修・修復(コンクリート構造物,橋梁)
水中作業
バースター工法 
KT-180065
震災等で倒壊したコンクリート構造物や、落石等の破砕作業が可能。水中での施工も可能。大型の重機が入れない場所や、大きなガラを運び出せない状況でも、小型のコアマシンと、バースターを使用し、ガラを小さくする事で、小型の重機による撤去・解体作業が可能となる。 がれき・土砂処理(分別)
水中作業
応急復旧
その他
水中3Dスキャナーによる水中構造物の形状把握システム「i-UVS(Intelligent-Underwater Visualization System)」
KT-180031
濁水中でも精度が落ちることなく計測可能。濁水中に入ることなく陸上からの垂下やゴムボートに艤装しての計測も可能。小型軽量のためバン1台ですべての機材を積載。人力運搬可能で重機不要。ROVに取り付けて濁水中の状況確認にも使用できる。 補修・修復(海岸)
水中作業
計測・測量
その他
OKヒットパッキン
KT-160046
止水性、防錆性が高い当製品を活用することにより、コンクリート構造物の耐久性と品質の向上に役立てることができます。また、打設するだけの簡単施工であるため、従来技術よりも工期を短縮させることができます。 補修・修復(コンクリート構造物,橋梁,河川護岸)
水中作業

Copyright 2011, New Technology Information System.All Rights Reserved..