技術ジャンル検索

キーワード検索:

選択ジャンル:無人化施工   検索結果件数:30件

<<    1   2   [3] 

技術名称
NETIS登録番号
震災対応上の特徴 ジャンル
TENav
CB-100041
護岸や河川の築堤、土砂災害場所の盛土復旧等において、TSやGPSを活用して転圧締固め管理を行うことにより、省力化、省人化、オペレータの熟練度に左右されない品質の安定化、応急復旧を行うことができる。 補修・修復(路面,河川護岸)
無人化施工
応急復旧
計測・測量
情報通信、情報共有
モバイル式コンクリート養生温度管理システム
HK-100021
震災復興ではコンクリート構造物が重要となり、その品質確保に養生温度管理が必要となる。本製品は広範囲・複数個所の温度管理が遠隔で行え、複数現場の復旧作業でもリアルタイムで管理が可能である。設定値に達した際、異常通知メールを一斉送信することにより、異常時の早期対応が可能である。 ライフライン復旧
補修・修復(コンクリート構造物,橋梁,河川護岸)
無人化施工
計測・測量
情報通信、情報共有
水陸両用バックホウ
QS-120004
水陸両用バックホウは様々なバックホウのアタッチメントが取付可能であるため、水中部におけるがれき収集用のつかみ装置や切断機、水中埋没物の露出作業にサンドポンプを取付できるなど、復旧時における初期の活用から期待ができる。 がれき・土砂処理(収集)
補修・修復(橋梁,河川護岸,海岸)
水中作業
無人化施工
応急復旧
GPS・地盤反力データを用いた盛土締固め管理システム
KT-010048
重要構造物の基礎部分となる盛土工事に際して、できる限り急速にかつ確実な性能を有する盛土を施工する場合に活用できる。転圧回数に加えて盛土の地盤剛性を直接計測できることから、施工管理に関わる省力化を可能にするとともに、品質管理の高度化も実現できる技術である。 がれき・土砂処理(処分)
ライフライン復旧
補修・修復(路面,河川護岸,その他)
無人化施工
応急復旧
計測・測量
超多点注入工法
KK-120050
大規模掘削を伴わずに急速施工が可能であり、短期間の復旧が可能。被災した構造物の近傍において、施設を供用しながらの施工が可能。車上式による施工が可能であり、被災地において緊急車両の通行を妨げない。専用システムは全自動化されており、放射能汚染区域内において遠隔操作による無人化施工が可能。 液状化対策
補修・修復(コンクリート構造物,橋梁,路面,河川護岸,海岸,その他)
無人化施工
応急復旧
DCI多点注入工法
KT-100019
構造物・障害物の近傍であっても施工上の制約を受けないため、施設を供用しながらの施工が可能である。またコンパクトにユニット化された専用システムを用いるため、車上式による施工が可能であるなど、狭隘部での施工性に優れる。専用システムは全自動化されており、遠隔操作による無人化施工が可能。 液状化対策
補修・修復(コンクリート構造物,橋梁,路面,河川護岸,海岸,その他)
無人化施工
応急復旧
E-バッグ
CB-040082
がれき、土砂処理においては、袋材の中詰め材として用いたり、収集、分別、処理用の袋材として用いることができる。主な用途は、水防資材として用い、大型タイプは、河川の護岸、根固め工、橋脚の根固め工に用いることができる。またヘリコプターによる無人施工が可能であり、危険箇所への施工も安全に行うことができる。 がれき・土砂処理(収集,分別,再生,処分)
ライフライン復旧
補修・修復(橋梁,路面,河川護岸,海岸,その他)
仮設(その他)
水中作業
無人化施工
応急復旧
スーパーE-ユニット
CB-050029
がれき、土砂処理においては、袋材の中詰め材として用いたり、収集、分別、処理用の袋材として用いることができる。補修、修復では、本来の用途として河川海岸の護岸、根固め工、橋脚の根固め工、水防資材に用いることができるほか、防潮堤の修復、補強材、仮設道路の地盤などへ用いることができる。 がれき・土砂処理(収集,分別,再生,処分)
ライフライン復旧
補修・修復(橋梁,路面,河川護岸,海岸,その他)
仮設(その他)
水中作業
無人化施工
応急復旧
E-ユニット
CB-030087
がれき、土砂処理においては、袋材の中詰め材として用いたり、収集、分別、処理用の袋材として用いることができる。補修、修復では、本来の用途として河川海岸の護岸、根固め工、橋脚の根固め工、水防資材に用いることができるほか、防潮堤の修復、補強材、仮設道路の地盤などへ用いることができる。 がれき・土砂処理(収集,分別,再生,処分)
ライフライン復旧
補修・修復(橋梁,路面,河川護岸,海岸,その他)
仮設(その他)
水中作業
無人化施工
応急復旧
エコモバイル定点カメラ情報サービス 「ミルモット」
HK-090002
緊急地震速報付カメラの使用でいち早く地震情報をキャッチし、即座にパトランプと警報の作動及びメール配信により注意喚起が可能。危険を周知することで被害の軽減を期待でき、様々な二次災害防止に活用できる。また、カメラでの遠隔撮影により、危険箇所へ行かずに現地の状況を確認できるため、安全に作業指示ができる。 がれき・土砂処理(収集,分別,再生,処分)
ライフライン復旧
液状化対策
補修・修復(コンクリート構造物,橋梁,路面,河川護岸,海岸,その他)
無人化施工
応急復旧
情報通信、情報共有
その他

Copyright 2011, New Technology Information System.All Rights Reserved..