技術ジャンル検索

キーワード検索:

選択ジャンル:応急復旧   検索結果件数:527件

[先頭]  <<    5   6   7   8   9   [10]   11   12   13   14   15   >>   [最後]

技術名称
NETIS登録番号
震災対応上の特徴 ジャンル
ハンガーネット工法
HR-070027
落石を安全に受け止め、斜面下方に安全に誘導させたい場合に適用する。高強度ネットの採用により、落石の衝突捕捉及び誘導性能に信頼性が高い。また、斜面肩部に支柱及びアンカーが確保できれば、対象斜面の地形形状を改変することなく、設置が可能である。 応急復旧
その他
インパクトバリア
HR-070033
地震により緩んだ地山の崩壊対策工として、多くの利点がある。①施工スピードが早い。 ②土砂だけでなく、落石・流木等他の外力にも対応できる。 ③コンクリート構造物に比べ施工範囲が小さく、地山の改変も少ない。 応急復旧
その他
コンクリート水路補修工法
HR-990083
・水路の機能を回復(応急処置的な使用も可能) ・漏水を防止(水の損失や汚染物質が地下へ浸透するのを防ぐ) ・防水対策(モルタル斜面等の亀裂から浸入する水を防ぎ、2次災害を予防する) ・目地・継目部、亀裂・ひび割れ部にライニングすることで、再被害を抑制(震度4前後) 補修・修復(コンクリート構造物)
応急復旧
レスキューパッチ
KT-090060
レスキューパッチは15kg詰めの製品であり、手軽に持ち運び施工できますので、パトロール時に携帯することで、地震により舗装が破損した箇所(陥没や段差など)をすばやく補修できます。また、高耐久性タイプですので補修後も本格復旧まで供用します。 補修・修復(路面)
応急復旧
全天候型溶融式路面標示材
KT-070024
災害個所の供用再開が最優先される復旧工事に於いて、安全上の設置が必要な道路付属物(照明、ガードレール等)が未設置の区間に於いて、区画線の視認性が低下する降雨時でも、良好な視認性が維持できる事で、道路付属物が設置するまでの間、全天候下での視線誘導がドライバーに対して提供される事で安全性の維持が期待される 補修・修復(その他)
応急復旧
DBヘッドせん断補強鉄筋
CB-090014
本製品は通常では工場製造しますが、現場にて製造することもできます。また、どのメーカの鉄筋の先端にもこの金物を取り付けることができ、躯体から出ているような鉄筋への装着も可能です。現場への対応は全国各地の工法認定業者がジャストインタイムに行い大変便利です。ロット数を問わず対応できます。 補修・修復(コンクリート構造物)
応急復旧
ハイドロプルーフ工法
KT-100061
亀裂補修に適し、0.2mm以上の亀裂に対しては超微粒子高炉スラグセメントと含浸材を併用して補修し、0.2mm以下のヘアークラックについては含浸材(1液)で充填・浸透させてきめ細かな補修ができる。 補修・修復(コンクリート構造物)
応急復旧
グリーンテラス
TH-100002
河川護岸の復旧の際に、急勾配の護岸などに適用できる。間知ブロックと同等の控え35cm厚であるため、間知ブロックとの併用ができる。また、工場製作の二次製品コンクリートブロックで、現場での作業が短縮できる。 補修・修復(河川護岸)
応急復旧
カナヒュームF型
KT-060060
【活用の場面】公共下水道管敷設工事、道路下雨水排水管敷設工事、管材料軽量化を求められる現場の排水管敷設工事。 【活用の効果】軽量で扱いやすく、施工性、安全性が向上する。施工機械の小型化により、コストダウンが図れる。コンクリート基礎が不要で、施工が早い。耐震継手を用いて継手部に耐震性確保が可能です。 ライフライン復旧
応急復旧
アクアドレーン
QS-090040
既設の側溝を暗渠化することで、道路の有効幅員が広がり、バリアフリー化ができます。また単純工事のため即日解放が可能で、復興工事における迅速な道路インフラ整備に効果を発揮します。 補修・修復(路面)
応急復旧

Copyright 2011, New Technology Information System.All Rights Reserved..