技術ジャンル検索

キーワード検索:

選択ジャンル:分別   検索結果件数:44件

<<    1   [2]   3   4   5   >>   

技術名称
NETIS登録番号
震災対応上の特徴 ジャンル
ぴたあっと
KT-120092
運搬物の種別、出来高、運搬ルート及び、車両の位置がリアルタイムに把握できる。 目的地への車両到着時刻が予想できる。 がれき・土砂処理(収集,分別,処分)
情報通信、情報共有
カートリッジ式ろ過膜モジュールシステム
CB-090016
震災時の火災等によりダイオキシン類で汚染された土壌などの除去工事に伴う排水処理として利用の場面が考えられる。 がれき・土砂処理(収集,分別,再生)
その他
斜面安全掘削工法(SSD工法)
CG-090016
作業が危険な場所、特にすぐ崩落しそうな崖や崩落していて2次災害の起こりそうな法面等の土砂の掘削、撤去作業、又破損している法面のコンクリート構造物、モルタル吹付の取壊し作業に対応が可能である。カメラを装着することにより放射能汚染地域での作業も可能である。市街地などでの無人瓦礫撤去作業なども可能である。 がれき・土砂処理(収集,分別)
無人化施工
応急復旧
炭化水素系液体燃料活性触媒タンクタイガー
KT-130101
本技術は炭化水素系すなわち化石燃料の燃焼効率(燃費)を向上させるものなので、炭化水素系液体燃料(ガソリン、軽油などの化石燃料)を使用するすべての機械等に対応し、技術提供地域の制限もなく、しかも作業は工数に含まれないほど簡便なので、被災地でも容易に使用できる。 がれき・土砂処理(収集,分別,再生)
液状化対策
仮設(照明)
「セフテム」温度注意喚起システム
CB-980010
作業現場での熱中症予防対策として、警戒気温を超えた場合の注意喚起が効果的である。熱中症注意表示板は31℃以上において表示が「安全第一」などの表示から「熱中症注意」の表示にに切り替わる。被災地など外部電源の供給が困難な現場でも使用が可能で、的確な注意喚起を促すことが出来る。(レンタルしています) がれき・土砂処理(収集,分別,再生,処分)
その他
現場設置・撤去が容易な自走式スクリーン
TH-110010
自走式により現場に応じて柔軟な配置ができ、迅速に作業を開始できる。また、大きな振動幅とフィンガースクリーンが装備できることにより、トロンメル方式などの従来方式と比較して大塊を含む混合廃棄物および含水の高い対象物にも対応でき、精度の高い選別と処理量を両立している。 がれき・土砂処理(分別)
補修・修復(コンクリート構造物,河川護岸,海岸)
応急復旧
五洋式無人化土工システム
TH-030011
LAN伝送は光ファイバ網などとの組合せができます。このため通信プロトコルを統一して施工機械の稼働状況や稼働音、GPS測位などの計測データ、現場の温度やガス濃度測定など多くのデータ伝送ができます。但し、光ファイバ網の構築やセンサ機器の取り付け方法・耐久性、無線状況は事前に検討・調査する必要があります。 がれき・土砂処理(収集,分別)
無人化施工
応急復旧
計測・測量
隔離コンテナ STバッグ
KT-100052
コンテナバッグは遮水性を有しバッグ内の汚染土壌が雨水により外部へ浸透・拡散することがなく、周辺環境への汚染拡散防止に有効な技術である。また汚染土壌をコンテナバッグ内に入れて取り扱う事により、埋め立て後においてもバッグ内容物のトレーサビリティが可能になる等メリットある技術である。 がれき・土砂処理(収集,分別,再生,処分)
応急復旧
袋詰脱水処理工法
KT-020065
大型重機を必要としませんので、圧送用のポンプが運べる程度の狭隘な場所でも施工が可能です。脱水開始数分後に袋内に形成された泥膜の効果で濁りの無い排出水となります。さらに、土粒子に付着した有害物質などを袋に封じ込めることが出来ます。そのため、津波の影響で堆積している泥土の処理に適していると考えています。 がれき・土砂処理(収集,分別,再生,処分)
応急復旧
油圧蓄圧式油圧ショベル
KT-180062
  被災時の燃料は供給などの関係から貴重になることが多々あり、燃料消費量を削減できることが期待できる本技術は活用効果が高い。 がれき・土砂処理(収集,分別,処分)
ライフライン復旧
応急復旧
その他

Copyright 2011, New Technology Information System.All Rights Reserved..