技術ジャンル検索

キーワード検索:

選択ジャンル:分別   検索結果件数:44件

<<    1   2   [3]   4   5   >>   

技術名称
NETIS登録番号
震災対応上の特徴 ジャンル
「ポータブル蛍光X線分析装置」によるコンクリート塩害の現場分析技術
KK-100109
分析試料を分析センターへ移動せず、オンサイトで短時間に結果判定が出来るため分析時間、費用が縮減できる。また、分析データを蓄積して残存塩分の比較も可能となる。 がれき・土砂処理(分別)
補修・修復(コンクリート構造物,橋梁,路面,その他)
計測・測量
AIS機能付バックホウ
KK-100065
震災地域においては燃料は貴重であると思われるため、燃料の消費低減効果がある本技術は活用効果が高い。また、エンジン停止忘れの防止効果もあり、イージーミスによる2次災害も防ぐ効果がある。 がれき・土砂処理(収集,分別,処分)
ライフライン復旧
応急復旧
その他
iNDr搭載極低騒音型バックホウ
CG-100015
本機はエンジンルームを比較的密閉構造とすることで低騒音性能向上、冷却機器の性能維持、メンテナンスの簡易化を実現した技術。震災地域においては機械の常時稼動(メンテナンス性の良さ)と低騒音性能(作業員等の安全確保)も求められると想定され、それに応えることができる。 がれき・土砂処理(収集,分別,処分)
ライフライン復旧
応急復旧
その他
大型土のう作成補助器具「トンサポ」
CB-120030
本製品は災害復旧時におけるガレキ、汚泥、汚染土の処理に用いられる大型土のう作成のための補助器具である。小型軽量のため運搬や展開性に優れ、ジグを重機で吊り上げる必要性がないため、手作業で容易に移動させることが可能となり、複数の大型土のうを素早く、効率的かつ安全に作成することができるのが特徴である。 がれき・土砂処理(収集,分別,処分)
補修・修復(河川護岸,海岸)
仮設(その他)
応急復旧
FTマッドキラー工法
CB-010011
改良に際しては、専用攪拌装置も装備しているが、既存の固化系改良材と比べて改良ムラも少なく、バックホー攪拌でも対応でき、緊急時の対応に適している。中性域改質、高吸水性、吸着機能により木質、廃棄物等の混合泥土の分別分級や悪臭の強い泥土の消臭も大きな特徴としており、汚泥まじりの瓦礫処理等に活用できる。 がれき・土砂処理(分別,再生,処分)
補修・修復(路面,河川護岸,海岸)
応急復旧
その他
3年耐候型大型土のうKR2BB
KK-100012
地盤の陥没や法面の崩落、浸水地区の仮せき止めにおいては、応急措置として比較的長期間、大型土のうを設置する必要があります。当技術は野外での使用を念頭に、紫外線を抑えるUV剤を配合し、耐候900時間(野外設置3年相当)の促進暴露試験を実施し、過酷な条件での使用に耐える強度を実現しました。 がれき・土砂処理(収集,分別,処分)
補修・修復(路面,河川護岸,海岸)
仮設(その他)
応急復旧
測定器連動IPカメラ録画サーバー「NEXCAMERA TypeN」
KT-150037
復旧・復興工事における計測業務において、各種測定器の数値をIPカメラの映像と共に録画保存し、かつ測定器の数値からも映像の検索が可能。 がれき・土砂処理(分別)
ライフライン復旧
補修・修復(コンクリート構造物,橋梁,路面,河川護岸,海岸)
計測・測量
情報通信、情報共有
カプセルプリズム型高輝度路上工事用標示板(工事看板)
TH-070005
震災復旧現場において、各種保安用品への適用を通じて、路面補修必要箇所の明示、暫定車線の明示、各種障害物の明示等により、現場の安全確保寄与が期待できます。また、がれきや土砂処理の専用車両の優先指示や、がれきや土砂の一時保管場所の明示、車両の誘導車線確保への寄与が期待されます。 がれき・土砂処理(収集,分別)
ライフライン復旧
液状化対策
補修・修復(コンクリート構造物,橋梁,路面,河川護岸,海岸)
応急復旧
エンジン出力制限カバー(eco-8)
CG-100005
被災地復旧には欠かせないバックホウを対象にした技術です。従来では、アクセル全開での作業が多かったが、このカバーを装着する事により簡単に消費燃料が抑制でき、燃料を削減する事によってCO2の抑制に寄与し、環境負荷の低減にも繋がる。 がれき・土砂処理(収集,分別,再生,処分)
ライフライン復旧
液状化対策
補修・修復(コンクリート構造物,路面,河川護岸,海岸)
建設機械に後付けするバックモニターシステム「Fine Eyes Monitor」
KT-130015
油圧ショベルを使う現場において、周囲の安全確認は非常に重要です。震災時においては、特に周囲の状況確認を行いながらの作業となる為、オペレータへの負担は大きくなります。前方視界内で後方の確認も行えるので、作業効率の向上のみならず2次災害等の予防にも大きく貢献できます。 がれき・土砂処理(収集,分別,処分)
ライフライン復旧
液状化対策
補修・修復(コンクリート構造物,橋梁,路面,河川護岸,海岸)
応急復旧

Copyright 2011, New Technology Information System.All Rights Reserved..