技術ジャンル検索

キーワード検索:

選択ジャンル:計測・測量   検索結果件数:133件

[先頭]  <<    4   5   6   7   8   9   10   [11]   12   13   14   >>   [最後]

技術名称
NETIS登録番号
震災対応上の特徴 ジャンル
音響トモグラフィ地盤調査
KT-080011
地盤の液状化の危険性を調査するに辺り、2次元また3次元的に地盤を可視化することができる。また、地中ライフライン施工において既設の下水道管・埋設物・空洞の位置と大きさが特定できる。さらに、この音波を利用しコンクリート構造物内部の欠陥の判定にも適用可。 液状化対策
補修・修復(コンクリート構造物,河川護岸,その他)
計測・測量
盛土施工管理システム
KT-000140
例えば、地震により沈下した地域や津波で被災した地域など低い土地のかさ上げ、堤防築造等を目的に盛土施工を行う際に活用可能。規定回数により面的にリアルタイムで施工品質を管理でき、作業員が施工範囲に立ち入って測定する必要がないため安全かつ確実。データ整理・帳票作成の省力化と合わせ盛土管理が効率的に行える。 補修・修復(路面,河川護岸,その他)
計測・測量
その他
締固め管理システム CIS(コンパクション インフォメーション システム)
KT-100107
盛土の締固めにおいて効率的に締固め管理ができる。特にローラ加速度応答法による地盤の剛性管理によって、盛土の品質を施工しながら表示ディスプレイ上で確認でき、施工しながら手直し等が実施できる。施工で用いたデータは電子ファイルとして保存でき即時にデータ共有が可能である。 ライフライン復旧
補修・修復(橋梁,路面)
計測・測量
情報通信、情報共有
3次元情報とαシステムによる情報化施工
KT-050054
道路盛土や用地造成、堤体盛土(河川、フィルダム)などの復旧・新設工事において、安全かつ合理的な方法により品質管理の高度化を行えるとともに、計画から維持管理までの一貫したCADデータ共有による管理作業の省力化を行う。盛土の施工では、転圧回数管理に加え、加速度解析により、面的な品質管理を行う。 補修・修復(河川護岸,その他)
計測・測量
計画・設計
情報通信、情報共有
五洋式無人化土工システム
TH-030011
LAN伝送は光ファイバ網などとの組合せができます。このため通信プロトコルを統一して施工機械の稼働状況や稼働音、GPS測位などの計測データ、現場の温度やガス濃度測定など多くのデータ伝送ができます。但し、光ファイバ網の構築やセンサ機器の取り付け方法・耐久性、無線状況は事前に検討・調査する必要があります。 がれき・土砂処理(収集,分別)
無人化施工
応急復旧
計測・測量
健コン診断ポータブル
KT-100062
震災した既設構造物に対し、短時間に、健全であれは使用を開始し、健全でなければ補修を行う判断が必要となっている。経験がある点検要員も足りないこともあり、誰でも点検が可能となる本技術が必要となっている。 補修・修復(コンクリート構造物,橋梁,路面,その他)
計測・測量
アンカーボルト引張荷重の一体型試験測定システム(テクノテスターシリーズ)
KT-170007
本技術は、「アンカーボルトの強度と変位量を同時に測定でき、精度の高いデータ取得が簡便で素早く、確実に行える」試験機の為、災害復旧対策工事において、被災した既設アンカーの強度確認や、被災したコンクリート等へ施工したアンカーの強度確認が行えるので、二次災害を未然に防ぐことが可能となる。 ライフライン復旧
補修・修復(コンクリート構造物,橋梁,その他)
応急復旧
計測・測量
クラウドロガー
HK-100029
復興作業での盛土、切土、掘削工事の際、地盤が緩んでいたり余震や降雨による地すべり・土砂崩れ・法面崩落などの危険性があるところで、伸縮計や傾斜計を接続し、観測データの遠隔監視が可能となる。又、設定した敷居値を超えた際は異常通知メールの一斉送信が可能であるため、異常時の早期対応が可能である。 補修・修復(橋梁,路面,河川護岸)
無人化施工
計測・測量
情報通信、情報共有
道路空間の高精度3次元図化システム
KK-110052
被災状況調査、災害査定、復興計画支援のための大縮尺地形図が、経済的かつ短期間に作成できる。また、道路空間情報(道路施設や路面標高等)を高精度に3次元化できるため、細密なハザードマップの作成、地域防災計画の立案など、今後の震災対応への効果が期待できる。 補修・修復(橋梁,路面,河川護岸,その他)
計測・測量
計画・設計
衝撃振動試験による構造物の健全度評価法
CB-090013
震災で被害を受けた建築及び土木構造物の健全性を、非常に短時間で定量的に判断出来る。また、目視不可能な地中、水中の基礎構造物健全性も判断出来る。簡便な方法であるので、当該方法で問題個所と判定されたもののみ詳細検査(基礎部分の採掘調査等)を行えば良い。 ライフライン復旧
補修・修復(コンクリート構造物,橋梁,その他)
計測・測量
その他

Copyright 2011, New Technology Information System.All Rights Reserved..