技術ジャンル検索

キーワード検索:

選択ジャンル:計測・測量   検索結果件数:140件

[先頭]  <<    1   2   3   4   5   [6]   7   8   9   10   11   >>   [最後]

技術名称
NETIS登録番号
震災対応上の特徴 ジャンル
マルチボーリングマシン ラムダⅡ
TH-030010
液状化した地盤及び地すべり地帯の調査が簡単にできる。 計測・測量
計画・設計
ラムダ∧-750による地質調査
TH-020050
余震で緩みがちな地盤及び地滑り地帯での地盤調査に適しています。 計測・測量
計画・設計
3Dレーザースキャナーによる地形計測システム
CB-050034
人が近づけない様な箇所を、離れた場所から計測する事で、形状をデータとして取り込み、様々な解析を行う事が可能です。 独自に開発した解析用ソフトウェアで、形状の再現性が飛躍的に向上、又2時期の差分解析等に威力を発揮、設計データとの差分も可能です。 計測・測量
計画・設計
携帯電話式全自動観測システムMMS
CG-990052
斜面崩壊その他における地盤伸縮計観測や水位観測などに適用できる。遠隔地からデータ取得できるため、余震発生時に素早く情報収集が可能である。 計測・測量
情報通信、情報共有
のり面情報化システム
CG-050015
震災により被災(崩壊・損傷)したのり面構造物や河川・海岸護岸をはじめとする構造物の形状を3次元計測し、測量データとして入出力できる。特に、崩壊の危険性のある作業現場での安全性・効率化が図られ、点群データを基に計画設計に必要となる平面図・横断図等の作成が可能である。 計測・測量
情報通信、情報共有
ビューポール
KT-100047
ビューポールにネットワークカメラを搭載し、携帯電話網による画像伝送を可能にしました。最大10mの高さからのリアルタイム映像を遠隔地のパソコンや携帯電話で確認できるため、被災地の復旧作業状況や交通状況、立入制限区域の監視などの広範な用途で利用していただきたいと考えています。 計測・測量
情報通信、情報共有
空中電磁法による地質調査
KK-000014
空中電磁法は、空中から調査できるため被災地などアクセス困難な地域や広範な地域の調査が可能である。また、粘土に富む軟質地盤や帯水層などの分解能が高く、広域地盤調査手法として迅速性と経済性に優れるため、深層崩壊や地すべり等の土砂災害への防災事業、道路や造成などのインフラ整備事業へ寄与できる。 計測・測量
計画・設計
炭素繊維ケーブルを用いた地盤伸縮計
HR-080014
地震により崩れた斜面の復旧工事や、斜面下の道路復旧工事等において、地すべり発生に対する安全管理に利用できる。人力で容易に設置が可能である。外的要因による誤報が少なく、積雪期でも安定した計測が可能である。商用電源の無い場所でも計測・警報発令・データ伝送が可能である。 計測・測量
情報通信、情報共有
イーグルアイ・ムーフィックス
KT-050024
震災による被害状況等を空撮により一括概略調査し、補修の優先順位を決定するさいに利用できる。 計測・測量
情報通信、情報共有
SAAMシステム
SK-070009
アンカーのり面のアンカー緊張力確認について、小型軽量ジャッキを用いるため、単管足場仮設・レッカー等の大型重機の使用およびそれに伴う通行規制を必要とせず、人力での搬入設置にて、迅速に効率よく多くの箇所について面的にリフトオフ試験を実施し、短期間に対象斜面について現状評価および対応提案が可能である。 計測・測量
計画・設計

Copyright 2011, New Technology Information System.All Rights Reserved..