技術ジャンル検索

キーワード検索:

選択ジャンル:計画・設計   検索結果件数:141件

[先頭]  <<    1   [2]   3   4   5   6   7   8   9   10   11   >>   [最後]

技術名称
NETIS登録番号
震災対応上の特徴 ジャンル
プレートナット工法
KT-130035
震災復旧工事におけるコンクリート構造物の鉄筋配筋作業の急速施工が可能。 応急復旧
計画・設計
基礎下減震工法『減震用すべり材工法』
KT-130006
震災後、小規模建築物の復旧、復興工事を計画するにあたり、基礎下に敷設したすべり材によって住宅の揺れを小さくすることが出来、当該工法は免震工法に比べて安価に出来る特徴を持つ。 計画・設計
その他
航空機デジタルエリアセンサーシステム
HR-120003
本技術では、従来のフィルム航空カメラで撮影した空中写真よりも短時間でデジタル空中写真データを提供することが可能です。したがって、迅速に震災後の現地状況を把握することが可能です。 計測・測量
計画・設計
スプリング拘束型鉛プラグ入り高減衰積層ゴム支承(SPR-S)
CB-110020
新設の橋梁架設工事および既設の耐震補強工事において採用可能であり、従来製品に比べ支承サイズのコンパクト化が図られていることから、経済性および施工性に優位である。また、大きな減衰性能を有しており、新設工事における下部工断面のスリム化および耐震補強工事における下部工補強コストの縮減化が期待できる。 補修・修復(橋梁)
計画・設計
コロンブス(地盤改良工法)
TH-990043
宮城内陸地震、東日本大震災の被災地と埼玉、東京に約900物件の建物を建設したが、津波災害以外、大空間の天井落下事故、液状化事故は無い。石巻市にパイルドラフト工法基礎で建設した6階の鉄骨造建物は、1階は津波の被害にあったが建物本体ならびに基礎は損傷無く、救援施設に利用された。 液状化対策
計画・設計
Slope Doctor
TS-030005
モルタル吹付法面の変状は、吹付表面だけでなく吹付面と地山との密着性の低下や地山の劣化に起因して現れる。地震で変状を生じた法面だけでなく、表面上変状は見られない法面に対しても、安全性を確認する目的で本システムを活用することができる。 補修・修復(その他)
計画・設計
ネコヤナギによる護岸の緑化工法
QS-080012
東日本地震のような大津波を伴う震災は、地上物全てを消滅する状況にあり、その復旧・復興に際しては、社会資本は勿論、震災前以上の自然環境の回復を含めた再整備が要請される。本技術の活用では、河岸の水辺環境の回復が2~3年で可能であり、かつ安価である。 補修・修復(河川護岸)
計画・設計
デジカメ写真のオルソモザイク
SK-060022
オルソ補正は航空測量用カメラで撮影した空中写真を用いるのが一般的であるが、手軽なデジカメ写真でも簡易オルソ補正が行えるように工夫。これにより災害時など急を要する空撮において、オルソ画像データの早期提供が可能となる。 計測・測量
計画・設計
情報化施工における3次元レーザースキャナーを活用した3次元計測及び出来形管理システム
CG-100028
立ち入り困難な災害現場を3次元レーザースキャナーで計測し、取得した現況データに、災害復旧設計データを3次元に変換したデータと重ねて設計照査を行う。その照査済みの3次元設計データはICT重機や出来形管理に活用できる。 計測・測量
計画・設計
IRIを取入れた道路管理画像システム
CG-100023
震災で生じた路面損傷をIRIと運転者感覚で撮影した道路画像で評価し、適切な補修計画の基礎資料に活用できます。10mピッチの道路画像とIRIでの評価は局部的な損傷の抽出が可能です。画像には沿道状況も記録され現場状況の把握に活用できます。道路管理者が同じデータが共有でき作業指示など適切に対応できます。 計測・測量
計画・設計

Copyright 2011, New Technology Information System.All Rights Reserved..