技術ジャンル検索

キーワード検索:

選択ジャンル:計画・設計   検索結果件数:141件

[先頭]  <<    1   2   3   [4]   5   6   7   8   9   10   11   >>   [最後]

技術名称
NETIS登録番号
震災対応上の特徴 ジャンル
PCコンポ橋
SK-980027
今後の橋梁整備工事において、当橋梁形式の採用は、プレキャスト部材を多様に用いることによる現場工期の短縮と主げたの少数化による経済性の向上が期待できます。また、橋梁の連続化により耐震性と津波への抵抗性の向上が図れます。さらに、7割以上の地域還元率が見込める橋梁形式です。 ライフライン復旧
計画・設計
センタービーム型歩行者自転車用柵 UP
KK-070025
本技術は道路復興時の計画・設計において、歩車道分離柵として設計する際歩行者の安全性を高めまた、施工性が良いのでスピーディーに復旧が可能です。また、ビームには再帰反射塗装の対応も可能です。 補修・修復(路面)
計画・設計
空中電磁法による地質調査
KK-000014
空中電磁法は、空中から調査できるため被災地などアクセス困難な地域や広範な地域の調査が可能である。また、粘土に富む軟質地盤や帯水層などの分解能が高く、広域地盤調査手法として迅速性と経済性に優れるため、深層崩壊や地すべり等の土砂災害への防災事業、道路や造成などのインフラ整備事業へ寄与できる。 計測・測量
計画・設計
アーバンノーディッグ工法
QS-010005
下水道、水道、電気、ガス、CCボックス、光ケーブル事業に伴う管埋設工事において開削で施工しにくい箇所での管路を短期間でかつ廉価で非開削で施工する事が可能 ライフライン復旧
計画・設計
橋梁DBマネージャー
QS-040022
本システムでは、構造諸元をはじめ構造図、被災状況、点検結果、点検時期、補修計画、復旧状況、写真帳等を記録できます。これにより、対象構造物・施設の最新情報を把握することで、災害査定、事業計画、対策方法の検討およびアセットマネジメントの基礎資料として活用することができます。 計画・設計
情報通信、情報共有
SAAMシステム
SK-070009
アンカーのり面のアンカー緊張力確認について、小型軽量ジャッキを用いるため、単管足場仮設・レッカー等の大型重機の使用およびそれに伴う通行規制を必要とせず、人力での搬入設置にて、迅速に効率よく多くの箇所について面的にリフトオフ試験を実施し、短期間に対象斜面について現状評価および対応提案が可能である。 計測・測量
計画・設計
ゼロスペース工法
KT-010186
災害復旧復興に資する,現場打ちコンクリート構造物を対象とする,共同溝等のBOXカルバート・橋梁フーチング・水路等の仮設工事.掘削規模縮小により,作業ヤードの縮小,工事車両渋滞緩和,地域住民への迷惑度の抑制・工事車両の減量によるCO2削減・発生土量減が計られ,建設コスト低減,工期短縮に有効である. ライフライン復旧
計画・設計
3次元レーザースキャナーによる構造物の変位測定システム
QS-110004
本システムは、非接触での地形、構造物の詳細計測が可能であり、危険箇所に立入ることなく安全かつ効率的に現地情報の取得が可能である。このことから、被災した重要構造物(道路、橋梁、トンネル等)の診断、法面崩壊箇所の現況測量、土砂災害の数量算出などライフライン復旧に必要な基礎データ取得に威力を発揮する。 計測・測量
計画・設計
トンネル覆工レーダ探査装置
KT-980444
(1)液状化現象により、アスファルト等路面下に空洞が発生し、陥没により人的被害が発生する場合がある。(2)津波が河川遡上し、引き際に河川堤防護岸下部に土砂の吸出し現象が起き、構造物下部に空洞が発生し、堤防護岸の決壊等につながる場合がある。(予防的空洞探査) 計画・設計
その他
航空機レーザー測量システム
KT-010184
震災前のデータ取得による想定浸水域や崩壊危険地域のシミュレーション等の防災への活用、震災前後のデータと比較することにより標高の沈下量や地すべり等による崩壊土量の算出による減災対応などが期待できる。 計測・測量
計画・設計

Copyright 2011, New Technology Information System.All Rights Reserved..