技術ジャンル検索

キーワード検索:

選択ジャンル:計画・設計   検索結果件数:133件

[先頭]  <<    1   2   3   4   5   [6]   7   8   9   10   11   >>   [最後]

技術名称
NETIS登録番号
震災対応上の特徴 ジャンル
JEP工法
SK-100012
既設構造物下部地盤の支持強化や液状化対策など復旧・補修が必要な対象箇所について、最大径φ3.8mの大口径改良体が造成できるため、効率的な対策が可能である。また、ボーリングマシン級の施工機械によって改良を行うため、機材調達・省スペースという面で、適用性の高い地盤改良工法である。 ライフライン復旧
液状化対策
計画・設計
新JIS規格対応型SPD高速回線避雷ユニット
HR-090003
・各種防災システムや電気通信システムの建設に際し、いかなる気象条件下でも安定運用が可能なシステムが構築できる。 ・トランス型SPD(耐雷トランス)にくらべ 軽量コンパクトで(重量比約1/10)、 電力損失もほとんど無い。(電力損失約1/10) 計画・設計
情報通信、情報共有
その他
地上3次元レーザースキャナー斜面災害地形状取得技術
SK-070023
危険で人が立ち入る事の出来ない場所を、離れた場所から広範囲に、かつ短時間で災害地の位置、形状情報(3次元公共座標データ)を計測出来る。 計測・測量
計画・設計
情報通信、情報共有
樹林パッチ工法
SK-080014
今回の震災で樹木緑化(特に中高木)による津波被害の軽減が多岐にわたり報告されている。必要箇所においては、早期且つ、安定的な生長が望まれる。地上部の理想的な生長により、津波の被害を軽減できる効果が見込まれる。また地下部(根茎部)の健全な生長により、土壌崩壊の軽減が期待できる技術。 補修・修復(その他)
計画・設計
その他
フィールドワークス
SK-070019
復旧時の迅速かつ実用精度担保可能(TSの機器精度に依存)な現況測量が可能。ノンプリズムTSによる現場非接触測量が可能。10年以上経過した旧型TSでも運用可能。現場装備が軽量なので作業員の安全確保が容易。地形図・平面図・縦横断測量・TS施工管理・大小構造物3D計測など運用範囲が広い。 応急復旧
計測・測量
計画・設計
Licos
SK-100011
アンカーにより防護された斜面が地震により被災した場合,早急かつ正確にアンカーの健全度を把握し,今後の応急対策を検討する必要がある。Licosを使用すれば,簡単・安全・正確にアンカーの残存荷重を計測し,斜面全体の健全度の評価が可能であり,それにより今後の復旧対策の指標を得ることができる。 計測・測量
計画・設計
情報通信、情報共有
エコクレイ
KK-100045
溶融スラグ等を有効利用し、新規採掘をせずに震災地域のグラウンド用土、災害復旧用土、覆土等として使用できる。今後震災処理で発生する瓦礫等のスラグをその地域で利用することで、物流コスト軽減、地域経済発展の寄与が可能となる。また、放射能汚染のないスラグ等を利用し、放射能汚染土の代用土の製造が可能。 応急復旧
計画・設計
その他
ワイドウォール工法
SK-050012
プレキャスト製品であるため施工が早く、復旧工事に重要となる工期短縮が可能である。 また、掘削に最も有利なもたれ構造であるため、現道の確保が必要な現場には最適である。 急峻な地形においては従来技術より擁壁高を低くする事ができる。なお、本工事においては特殊な技術は必要ない。 補修・修復(コンクリート構造物,河川護岸)
計画・設計
モバイルデータ計測システム
KT-100054
GNSSシステムを使用することにより、周辺に基準点がなくても施工が可能。カメラ画像とレーザスキャナにより、車両が走行できる周囲約100m位の状況を高速に取得できるため、現地計測及びそのデータから計画・設計作成が可能。また、カメラ画像は、動画イメージで周囲の状況を容易に確認することができる。 計測・測量
計画・設計
情報通信、情報共有
ミニガードシステム
KT-980619
緊急工事の作業分離帯や、工事区域での歩行者通路の確保が迅速にでき、安全・安心及び景観が確保されます。 仮設(その他)
応急復旧
計画・設計

Copyright 2011, New Technology Information System.All Rights Reserved..