技術ジャンル検索

キーワード検索:

選択ジャンル:計画・設計   検索結果件数:133件

[先頭]  <<    2   3   4   5   6   [7]   8   9   10   11   12   >>   [最後]

技術名称
NETIS登録番号
震災対応上の特徴 ジャンル
ガイドポスト(視線誘導標)
KT-070048
復元型の視線誘導標であるため、がれきなどの衝突により衝撃を受けても復元する。反射シートに文字やピクト表示が可能であり、立入禁止場所や避難誘導等の表示ができる。また、本体パイプが交換可能であるため、破損時や文字表示の内容を変更することができる。 応急復旧
計画・設計
その他
ルミポスト(視線誘導標)
KT-060107
復元型の視線誘導標であるため、がれきなどの衝突により衝撃を受けても復元する。本体パイプの全面が反射するため、高い視認性を有し、さらなる線形誘導ができる。 応急復旧
計画・設計
その他
表面保護層付きポストコーン(視線誘導標)
KT-060065
復元型の視線誘導標であるため、がれきなどの衝突により衝撃を受けても復元する。また、表面保護層が反射シートの保護をするため視認性が確保でき、視線誘導標としての機能を維持することができる。 応急復旧
計画・設計
その他
ハイブリッドポスト(弾性車止め)
KT-070109
復元型の弾性車止めであり、軽量であるため施工が容易である。緊急時に大型の車両による乗り越えがあっても復元可能な構造である。 応急復旧
計画・設計
その他
自己充てん型高強度高耐久コンクリート構造物設計施工法
HR-050003
復興時の新設構造物に自己充てん型高強度高耐久コンクリート構造物を採用することにより、耐力や変形性が増大し耐震性に優れた構造物を構築することができる。また、各種劣化要因に対して耐久性能も極めて高くライフサイクルコストが低減できる。断面のスリム化が可能となり形状や構造形式の選択肢が広がる。 ライフライン復旧
補修・修復(コンクリート構造物)
計画・設計
ソフトコアリングシステム
KT-050025
コンクリート構造物の耐震性の評価には、使用されたコンクリートの圧縮強度を評価する必要がある。本技術を用いれば、採取コア径が非常に小さいため、震災で損傷を受けた構造物に更なる損傷を与えることなく圧縮強度を評価できる。また、震災で発生したひび割れを避けて評価でき、構造体強度を適切に判断できる。 補修・修復(コンクリート構造物)
計測・測量
計画・設計
フロート式洪水痕跡計
HK-080021
河川の水位や潮位などの被災水位を簡易的・安価に得たい場合に活用できる。今後の河川改修や排水路などの計画において、被災水位を確認したいが電源を確保できない場合及び、広範囲のデータ収集を行いたい場合に有効である。 計測・測量
計画・設計
情報通信、情報共有
オートゲート(門柱レス樋門)
TH-990145
操作が不要なので、住民が避難していても、ゲートは緊急時の状況に合わせて自動的に開閉動作を行なう (津波対策樋門に適用可能) 補修・修復(海岸,その他)
計画・設計
杭頭半固定工法「キャプテンパイル工法(CTP工法)」
KT-100082
キャプテンパイル工法は杭主筋が基礎に定着されていない為に、地震により損傷した杭頭の修復をする場合、施工が容易に出来る。また被災した建物の杭のみが残っているケースでは、杭頭の補修をすることで再利用が可能となり、復旧の施工期間が大幅に短縮することが可能となる。 補修・修復(コンクリート構造物,橋梁)
計画・設計
総合空中探査システム
KT-070091
ヘリコプターを用いて空中から電気の通りにくさ(比抵抗)を測定する空中電磁探査法により、海水による塩害の実態調査ができる。比抵抗と海水のナトリウム、塩素濃度には高い相関関係があり、同じ土壌条件であれば、比抵抗値が低い地域は塩素濃度が高いことがわかり、短時間で塩害の分布範囲を明らかにすることができる。 計測・測量
計画・設計
その他

Copyright 2011, New Technology Information System.All Rights Reserved..