技術ジャンル検索

キーワード検索:

選択ジャンル:情報通信、情報共有   検索結果件数:79件

[1]   2   3   4   5   6   7   8   >>   

技術名称
NETIS登録番号
震災対応上の特徴 ジャンル
リアルタイム情報共有システム(Uメイト・U-BOX BT)
KT-160015
遠隔現場と管理者との映像配信と相互音声通話をワイヤレス、リアルタイム、ハンズフリーで正確に情報共有できる為、復旧・復興作業時での現場状況を、的確に把握できます。 但し、震災直後等、携帯電話キャリアの通信回線が安定して繋がらない環境での使用はできません。 情報通信、情報共有
見張奉行
KT-150124
近距離無線通信タグを構造物、調査現場のコンクリート面などに貼り付ける、構造物の情報(設計図、施工の詳細等)、調査内容、履歴を、現場にてスマートフォン、タブレット端末で確認することができる。 情報通信、情報共有
維持JV 情報共有システム
HR-140021
000 情報通信、情報共有
路上工事現場用デジタルサイネージ
KT-130012
災害や停電時でも、現場の発電機から電源を取れるため、災害時の路上での帰宅困難者への道案内表示や、テレビやインターネットの画像を流すことが可能であり、地域貢献ツールとしての機能も果たす。 情報通信、情報共有
e-Dam Web日報
KT-140007
本技術は、電話回線などのインフラが整っていないような現場でも、モバイル通信を使用する事で 設置した各種計測器の値をPCやスマートフォン、タブレットなどからリアルタイムに一元管理できます。また、あらかじめ登録された設定値以上の値を認識すると、メール警報を送信することができるため安全対策に有効です。 情報通信、情報共有
ポータブル ワイヤレス ライブカメラシステム(OPECA)
HR-120006
現場からリアルタイム動画を送信しながら音声通信が行えますので、震災発生後の現場の情報をより早く、正確に共有することができます。 情報通信、情報共有
スーパーサッチャー
KK-110015
崩壊発生が懸念される斜面において、本製品を設置することで斜面の変位を検知し、警報音によって避難を促す事ができる。斜面・法面崩壊発生箇所、地すべり地におけ復旧工事や仮供用時に発生しうる再崩壊を監視、警告し二次災害を防止できる。 情報通信、情報共有
LED表示装置遠隔操作システム
KK-060036
避難場所、復旧作業場所等に設置し、役所から現在の状況を文字と絵柄で伝える。 情報通信、情報共有
緊急報告支援システム(ERSS)
KT-060048
震災後の被災情報をリアルタイムに提供し共有することにより迅速な現場対応を可能にし、的確な復旧作業、二次災害防止の支援ツールとして活用出来ます。同様に復旧工事の進捗状況報告、現場確認にも活用出来ます。また、位置情報を自動発報する事で携帯者の位置確認が出来、緊急対応時の的確な人員配置を可能にします。 情報通信、情報共有
アレッドボード
KT-090035
高潮、豪雨など気象に関する情報や、復旧、復興の伝達情報をリモコンを使って直接表示機に書き込む事で復旧、復興情報を繰り返し表示し、これらの情報を広く伝達出来ます。また従来の支柱に固定して使用する方法の他に仮置きで使用する場合は、縦置き、横置きそれぞれ据え付け用架台に乗せて使用します。 情報通信、情報共有

Copyright 2011, New Technology Information System.All Rights Reserved..