技術ジャンル検索

キーワード検索:

選択ジャンル:その他   検索結果件数:475件

[先頭]  <<    6   7   8   9   10   [11]   12   13   14   15   16   >>   [最後]

技術名称
NETIS登録番号
震災対応上の特徴 ジャンル
Post-Head-bar工法
KT-090022
本技術を下水処理施設・浄水場施設躯体、鉄道・道路トンネルおよび共同溝などの、主に既設地下コンクリート構造物の耐震補強工事に適用することにより、今後も発生が予想される巨大地震に対しての安全安心な街づくりに貢献することができる。 その他
ワイヤーネットワーク工法
HR-070023
震災で崩落した傾斜地等で、さらに落石の恐れがある箇所を予防する場合に比較的短期間で施工できる工法である。 その他
セラチッコウ/セラチッコウ点字鋲・セラチッコウ線状鋲
KK-040057
屋内外どちらにも施工出来ます。 踏み外し防止や段差認識、衝突防止、避難誘導等に役立つため、道路や橋、トンネル、建築物等の修復・補修の際に付加価値を付けることが出来ます。 その他
ハイパワースノーフェンス工法 (HSF工法)
HR-010010
震災の影響で増加した落石および雪崩の危険性が考えられる箇所において、雪崩予防柵、せり出し防止柵、落石兼用雪崩予防柵としての適用が可能である。 その他
ハイパワーロックフェンス工法 (HRF工法)
HR-010009
震災の影響で増加した落石危険箇所における落石防護柵としての対応が可能である。 その他
マルチ水平ウェル工法
KK-100103
地震の影響でVOC(揮発性有機化合物)が漏洩し、汚染された土壌を確実に無害化します。 その他
巨大岩塊固定工法
HR-040014
震災の影響で岩盤崩落、落石の発生が予測される個所で適用が可能です。 各ハンガー索には均一な緊張力を与えており、地震による外力を受けた場合、全てのハンガー索に荷重を負担させアンカーおよびハンガー索の性能を効果的に引き出すことが出来ます。 その他
ビーズリンガーネット工法
QS-090008
落石の懸念がある斜面に設置することで、震災により発生する落石を捕捉し、道路及び保全対象の安全性を高める特長がある。 その他
グラベール工法
QS-050011
グラベールは、災害復旧現場における盛土、切土法面の降雨による侵食防止および、風による土埃の抑制に効果を発揮します。 その他
ネットワークドレーン工法
KT-060084
本工法は、軟弱地盤上に新設される盛土道路や宅地造成における圧密沈下促進、埋立地盤の沈下・安定等に活用できます。本工法は透水性の高いサンドマットが不要なため材料コストを縮減でき、建設発生土の有効利用が可能な、環境にも配慮した工法であり、良質なマット材の入手が困難な東北・関東被災地での復興に役立ちます。 その他

Copyright 2011, New Technology Information System.All Rights Reserved..