技術ジャンル検索

キーワード検索:

選択ジャンル:再生   検索結果件数:192件

[先頭]  <<    1   2   [3]   4   5   6   7   8   9   10   11   >>   [最後]

技術名称
NETIS登録番号
震災対応上の特徴 ジャンル
ドラムミキシング工法
HR-010003
震災に伴い港湾や河川に堆積した土砂やその他軟弱な土砂を管路輸送途中で改良し、利用場所まで管路輸送することで改良土を直接利用できます。また、空気圧縮機や改良材供給装置等の汎用性のある機械を組み合わせることにより、現場条件、処理量に応じた様々な場面に適用できます。 がれき・土砂処理(再生)
再生クラッシャーラン製造工(脱着式)
HK-080003
・倒壊した構造物の鉄筋コンクリート、無筋コンクリートを原材料として汎用機であるバックホウの先端に骨材製造機を取り付けることによりその場で簡易に再生骨材を製造することができる。これにより復旧には使用される基礎材や路盤材の現場内調達が可能となりスピーディーかつ、低コスト、低排気での施工ができます。 がれき・土砂処理(再生)
サンプラスター工法
KT-070082
・浚渫土砂あるいは内陸に堆積した軟弱土砂に対して、特殊な設備を必要とせずに混合、天日乾燥するだけで減量化ができる。 ・乾燥後の土砂は中性領域であり、高台構築など復興時の有用な土砂として有効活用できる。 がれき・土砂処理(再生)
MILD工法
KTK-040008
・津波等により港湾内に堆積した土砂を固化処理することで有効活用できる。 ・比較的軽い土砂であるため、土圧軽減に効果がある。 ・直接・連続的に打設する工法のため、避難場所の少ない港湾区域内の高台を早期に構築できる。 がれき・土砂処理(再生)
タンク&プラグ混合処理工法
KT-010180
・津波等により港湾内に堆積した土砂を固化処理することで有効活用できる。 ・比較的軽い土砂であるため、土圧軽減に効果がある。 ・直接・連続的に打設する工法のため、避難場所の少ない港湾区域内の高台を早期に構築できる。 がれき・土砂処理(再生)
土壌・地下水の油汚染自動浄化工法(3N注入工法)
KT-180001
震災構造物の解体工事で地下埋設物の撤去時に見つかった油による土壌・地下水汚染の浄化に利用できます。油汚染掘削土の浄化は、空気ナノバブルを添加した油分ナノ分解微生物栄養剤(Kiso-レビエント)溶液(3N溶液)を混合し、地盤・地下水の油汚染の浄化は、3N溶液を地盤に散水・注入し油分を微生物分解します。 がれき・土砂処理(再生,処分)
防草土とヒメイワダレ草を用いた防草緑化工法
HR-130022
災害や震災で発生した建設汚泥や発生土を現地で再生した防草土を製造し活用することで復興事業(造成、道路、堤防、水路等)の法面や平地など草刈で維持管理が必要な多様な箇所で雑草の抑制と緑化を同時に行えます。また、防草土でセシウムの飛散防止とヒメイワダレ草によりセシウムの吸着を可能にします。(実証実験段階) がれき・土砂処理(再生)
補修・修復(その他)
マルチドレーン真空脱水工法 
CG-120026
震災により生じた土砂や産業廃棄物の処理過程で発生する濁水を簡易濾過出来ます。 また、高含水の土砂や産業廃棄物を脱水して減容化します。 がれき・土砂処理(再生,処分)
舗装材ブロック「ウィードロック森のれんが」
KK-110062
震災現場で発生した木の廃材を現地もしくは当社工場で再資源化(チップ化)し、成型版として製品化することで歩道などの舗装材ブロックとして再利用ができる。 がれき・土砂処理(再生)
補修・修復(路面)
建設発生土高度再生工法
CB-110040
本技術により製造された材料は改良土であるため、改良原理による間隙水圧の上昇等による液状化現象を抑制する効果が期待される。本技術の活用により、液状化した地盤の残土処理工、改良工(入替)、盛土工や今後の液状化防止対策に貢献できる技術です。 がれき・土砂処理(再生)
液状化対策

Copyright 2011, New Technology Information System.All Rights Reserved..