技術ジャンル検索

キーワード検索:

選択ジャンル:再生   検索結果件数:192件

[先頭]  <<    1   2   3   4   [5]   6   7   8   9   10   11   >>   [最後]

技術名称
NETIS登録番号
震災対応上の特徴 ジャンル
トース土工法
QS-060005
トース土工法の利用案 1.海水に浸かった田畑の土を改良し透水性を高め、降雨や散水による除塩を効率的に行なう。 2汚染された土を水洗いする場合、透水性が良くなるので効率良く洗浄できる。 3改良した土で埋め戻しすることにより、液状化を抑える。 がれき・土砂処理(再生)
液状化対策
アムスRC40とアムスエコプラントシステム工法
TH-060003
①「土砂(汚泥を含む)」は、改良剤と移動式プラントによって混練・処理し、流用土として再資源化(盛土)し活用する。②コンクリートの「瓦礫」はクラッシャーラン化(破砕物)し、再資源化した「土砂(汚泥を含む)」と混合(20%程度)して再生下層路盤材として活用する。 がれき・土砂処理(再生,処分)
浚渫土砂処理システム
TH-990072
海水を含む泥水状の土砂処分工事において、分級によるレキ・砂の再生利用と、高圧フィルタープレス機による細粒分の脱水ケーキとして減量化ができる。脱水ケーキはコーン指数800kN/m2以上であり、高強度と難透水性の土質材料として海岸堤防や高台盛土に活用可能。またダイオキシン類など有害物質の濃縮・減量化が可能。 がれき・土砂処理(分別,再生)
街路樹木根の伸入・伸長を促す上載荷重対応型路床技術 「パワーミックスR」
KK-070007
街路は車道に比べて構造的に弱く、地震時に力が集中して破壊されやすい。当技術により歩道の下まで根を伸長させることで、強固な基盤が造成でき、歩道の破壊を軽減し安全な避難路を確保できる。豊かな緑陰を造ることができ、市街地火災発生時の延焼抑止効果が高められる。発生したがれきを単粒骨材として有効活用可能。 がれき・土砂処理(再生)
その他
中性土質改良材「かたまる泥(で)」
CB-110003
ヘドロ回収時に、散布、混合で短時間にて固化でき回収が容易になります。 がれき・土砂処理(収集,再生)
コンクリート混和材(CfFA:改質フライアッシュ)
QS-100005
新規建築構造物のコンクリートに加え、既存の橋脚基礎、砂防ダム、水路用BOXカルバート、トンネル覆工コンクリート等における耐震補強用巻立RCコンクリートへの混和材として活用できる。またCfFAはアルカリ骨材反応を抑制する為、震災により発生したコンクリート廃材を再生骨材として再利用する事が可能である。 がれき・土砂処理(再生)
補修・修復(コンクリート構造物)
無機系環境舗装「透塊ソイル」工法
HR-030034
1:について、塩分を含んでいる土砂に混合しても強度を保てます。水分を多量に含んでいても骨材に山砂を使用している為、山砂の量を増減する事により水分調整も可能です。 2:塩分を含んだ骨材に関しても、再利用する事が可能です。粒度調整が出来ればどんなものでも利用可能です。 がれき・土砂処理(再生)
補修・修復(その他)
トゥーリフレッシャーシステム
HRK-040002
船上の選別装置により雑物の分離ができるので、雑物の混在する被災地の堆積泥土に対応できます。組立可搬式なので水上輸送、陸上輸送共に対応でき、被災地の現場現状に臨機に対応できます。また、処理土は埋立材や盛土材としてリサイクルできるので、廃棄物発生量の低減につながります。 がれき・土砂処理(収集,再生)
トゥーリフレッシャーシステム
HR-990011
船上の選別装置により雑物の分離ができるので、雑物の混在する被災地の堆積泥土に対応できます。組立可搬式なので水上輸送、陸上輸送共に対応でき、被災地の現場現状に臨機に対応できます。また、処理土は埋立材や盛土材としてリサイクルできるので、廃棄物発生量の低減につながります。 がれき・土砂処理(収集,再生)
MRG工法
TH-090013
移動式土質改良機を使用する事により、点在する被災地を移動しながらスポット的にヘドロなどの泥土を処理をしていくことが可能です。添加材として生石灰を混合することにより発熱効果で多くの細菌を死滅させ、強アルカリとなり、強力な消毒効果を発揮します。 がれき・土砂処理(再生)
液状化対策

Copyright 2011, New Technology Information System.All Rights Reserved..