技術ジャンル検索

キーワード検索:

選択ジャンル:再生   検索結果件数:177件

[先頭]  <<    1   2   3   4   5   [6]   7   8   9   10   11   >>   [最後]

技術名称
NETIS登録番号
震災対応上の特徴 ジャンル
防草用クレイチップ
CB-120015
木質チップを主材料としているので発生した木くずを有効に処分することができ、現地の土を篩いにかけ使用できるので現地の材料が使用できる。また取壊し時には残土として処分できるので、張コンクリートなどのようなコンクリートがれきにならない。 がれき・土砂処理(再生,処分)
補修・修復(その他)
土の乾燥工法
HK-120012
津波堆積土砂を盛土材として利用する場合、適用用途標準として含水比の低下や粒度調整が必要と判定されており、土の乾燥工法が活用できます。 がれき・土砂処理(再生)
補修・修復(その他)
その他
有機性廃棄物の発生地内堆肥化製造工法(地産地消工法)
CB-110049
本技術では、毎年発生する刈草・枝葉等の有機性廃棄物と、ガレキ類に含まれる木くず(解体木くずも含む)を合わせての堆肥化が可能。製造堆肥については、震災によって荒れた箇所の緑化工事や、緑の防潮堤の植栽に利用する事が可能となり、併せて農業等の分野にも利用可能となる。※原料の安全性の確認が必要。 がれき・土砂処理(再生,処分)
その他
つるかめソイル工法
SK-110005
震災により発生した土砂や泥土を、現地で法面用生育基盤材にリサイクル利用できる。また、従来の生育基盤材のようなバーク堆肥を一切使用しないため、現在対応に苦慮しているバーク堆肥のセシウム含有問題などのリスクが低減される。 がれき・土砂処理(再生,処分)
その他
超軟弱土固化処理工法 マッドミキサーM-Ⅰ型
QS-980053
従来のバックホウよりブームアームの長い超ロングブームアームを採用し、災害箇所で従来のバックホウが届かない施工箇所でも十分に届くことができ、安全に施工できる。また、重機の近寄れない超軟弱土のある現場でも、軽量で精度の高い機械混合によりスムーズな施工を実現し、施工費用の縮小・工程の短縮が見込まれる。 がれき・土砂処理(再生)
補修・修復(河川護岸,その他)
Grand-M(ガランダム)工法
KT-100069
瓦礫のうち、コンクリート塊の再利用に適用可能。地盤沈下した路盤の修復時に路盤下に厚く打設して堅固な路盤を構築したり、構造物の支持地盤として打設することが考えられる。放射線を浴びたコンクリート塊も複合固化体にして封じ込めればより安全に処理できると考える。 がれき・土砂処理(再生)
補修・修復(路面,その他)
浚渫軟泥土のプレミックス工法
QSK-070004
港湾・海岸の復旧で築堤材に多量の土砂が必要となるのでm従来は処分されていた浚渫土の構造物材料化に有益です。改良土が自立し軽量(14kN/m3)で、阪神・淡路大震災の復旧工事で傾斜した六甲アイランドの岸壁のケーソン復旧(背面土圧軽減)に実績があります。400m3/hの急施工に対応する2船団を保有しています。 がれき・土砂処理(再生,処分)
応急復旧
膨軟化チップ吹付工法
TH-050012
災害により発生した、廃棄木材,流木、生木を膨軟化処理し緑化資材に転用する。この他土壌混合資材、堆肥化前処理などのへの利用が期待できる。 がれき・土砂処理(再生)
補修・修復(その他)
応急復旧
オールグリーニング工法
TH-020031
震災がれき木材の塩分除去のあと、生チップ又は堆肥化物の緑化基盤材としてリサイクルできる。いくつかの添加材により生育性向上、短繊維の混入により耐侵食性の向上を図る。グリーン購入法の特定調達品目、NETIS少実績優良技術、国土交通省テーマ設定技術に選定されている。 がれき・土砂処理(再生)
補修・修復(その他)
応急復旧
ログマット工法
KT-070095
・現地発生石材利用可能、コンクリート殻の再利用可能 ・従来工法に比べ、79%の工程短縮 がれき・土砂処理(再生)
補修・修復(その他)
その他

Copyright 2011, New Technology Information System.All Rights Reserved..