技術ジャンル検索

キーワード検索:

選択ジャンル:再生   検索結果件数:177件

[先頭]  <<    2   3   4   5   6   [7]   8   9   10   11   12   >>   [最後]

技術名称
NETIS登録番号
震災対応上の特徴 ジャンル
EPオーガニック
SK-100004
従来の植生基材吹付け工(市場単価)に比べコスト縮減で法面緑化が可能。これまでの石油等からの高分子侵食防止剤とは異なり、植物由来の侵食防止剤(粉体)を使用。 がれき・土砂処理(再生)
補修・修復(その他)
その他
ラップストーン工法
KT-990510
・現地発生石材利用可能、現場製作仕様有、狭小部施工可能 ・排水性良好な構造のため、湧水、地下水位の影響がある箇所に優位 ・景観性の向上に寄与 ・災害復旧工事の設計要領(赤本)掲載工法 がれき・土砂処理(再生)
補修・修復(河川護岸)
その他
鉄筋損傷防止型防護柵
QS-080003
(1) 既設の地覆コンクリートを取り壊さずに防護柵の取替え作業を行うことが出来ます。 (2) 短工期で取替えが出来るので、大幅な経費削減が可能です。 (3) 地覆鉄筋を切断する事無く、アンカーボルト及び防護柵の設置が出来ます。 (4) 地覆幅及び高さの状況に応じて、防護柵の取替えが出来ます。 がれき・土砂処理(再生)
補修・修復(橋梁)
応急復旧
LUC-SBウォール工法
CB-020051
現地の土砂、瓦礫(粒径125mm以下したもの)にセメント、水を混合し、敷均し、締固めにより低強度(3N/mm2) の硬化体を早期に構築するとともに、露出面をコンクリートブロック、軽量鋼矢板で覆い、耐久性の高い施設(砂防堰堤、導流堤、護岸、擁壁など)を構築することができる。 がれき・土砂処理(再生)
補修・修復(河川護岸,海岸)
山河(ふとんかご)
KK-010021
【山河】を使用し構成されたふとんかごは、高い塩分濃度区域での使用にも耐え得る耐久性を有している。従って、津波により大きな被害を受けた海岸や河口域の復旧護岸工事、又、海水を含んだ現地発生土を中詰め材として法面保護工等にもご活用出来る。 がれき・土砂処理(再生)
補修・修復(河川護岸,海岸)
F-RENマット
QS-080016
震災・波浪により崩壊した護岸で、機械による護岸復旧資材の搬入が難しい現場において、現地崩壊護岸のコンクリート、現地発生材を中詰め材として護岸の復旧を可能とするカゴマットです。また、現地発生の瓦礫を中詰め材として護岸復旧の護岸本体・根固めマットとしての利用も可能です。 がれき・土砂処理(再生)
補修・修復(河川護岸,海岸)
建設発生土の重金属汚染迅速診断システム
KT-060063
がれきや土砂収集時における有害物質の有無の確認、有害物質の有無に応じた再生利用可否の判定を現場にて迅速に実施できる。 がれき・土砂処理(収集,分別,再生)
底質地盤改良工法(SIB工法)
QSK-100002
津波災害によって土砂等が堆積した海底の底質改良及び覆砂工事が行える。 特に、漁場の底質改善の為の工法としては施工実績もあり効果が期待できる。 がれき・土砂処理(再生)
水中作業
その他
ESR工法
HR-060002
現位置において、定置式プラント並みの作業量と混合性能で土質改良が可能。機動性に優れ、ストックヤード等が散在している場合の移動が比較的容易。改良材の散布が不要であり、重機災害の危険性低下や粉塵を抑制できる。高品質な改良土を製造できるため、堤防や道路等の耐震性向上や自然災害の被害軽減が期待できる。 がれき・土砂処理(再生)
ライフライン復旧
液状化対策
GRソイメント工法
HR-080021
大量のがれきを自走式破砕機で規格内に破砕し、ソイルセメントの原材料として使用する事で、がれきの処理が可能である。また、破砕したがれきとへ泥や海水を含んだ土砂と混合する事で、へ泥などの単体での処理が困難な土砂の処理も可能と考える。使用箇所としては、防潮堤工事や河川護岸工事の中詰めや基礎部分など。 がれき・土砂処理(再生)
補修・修復(河川護岸,海岸)

Copyright 2011, New Technology Information System.All Rights Reserved..