技術ジャンル検索

キーワード検索:

選択ジャンル:再生   検索結果件数:192件

[先頭]  <<    2   3   4   5   6   [7]   8   9   10   11   12   >>   [最後]

技術名称
NETIS登録番号
震災対応上の特徴 ジャンル
膨軟化チップ吹付工法
TH-050012
災害により発生した、廃棄木材,流木、生木を膨軟化処理し緑化資材に転用する。この他土壌混合資材、堆肥化前処理などのへの利用が期待できる。 がれき・土砂処理(再生)
補修・修復(その他)
応急復旧
貝殻利用技術「JFシェルナース」
CGK-060001
本技術は貝類養殖施設等の被災により発生した貝殻や木材などを透水性ケースに詰めて生物培養基質を作り、構造物に組上げて港湾や漁場周辺に設置することにより、漁場環境や生物生産、生物多様性の回復に役立てることができる。また、地元で発生する副産物を有効利用できます。 がれき・土砂処理(再生)
補修・修復(その他)
その他
オールグリーニング工法
TH-020031
震災がれき木材の塩分除去のあと、生チップ又は堆肥化物の緑化基盤材としてリサイクルできる。いくつかの添加材により生育性向上、短繊維の混入により耐侵食性の向上を図る。グリーン購入法の特定調達品目、NETIS少実績優良技術、国土交通省テーマ設定技術に選定されている。 がれき・土砂処理(再生)
補修・修復(その他)
応急復旧
ログマット工法
KT-070095
・現地発生石材利用可能、コンクリート殻の再利用可能 ・従来工法に比べ、79%の工程短縮 がれき・土砂処理(再生)
補修・修復(その他)
その他
EPオーガニック
SK-100004
従来の植生基材吹付け工(市場単価)に比べコスト縮減で法面緑化が可能。これまでの石油等からの高分子侵食防止剤とは異なり、植物由来の侵食防止剤(粉体)を使用。 がれき・土砂処理(再生)
補修・修復(その他)
その他
ラップストーン工法
KT-990510
・現地発生石材利用可能、現場製作仕様有、狭小部施工可能 ・排水性良好な構造のため、湧水、地下水位の影響がある箇所に優位 ・景観性の向上に寄与 ・災害復旧工事の設計要領(赤本)掲載工法 がれき・土砂処理(再生)
補修・修復(河川護岸)
その他
防草名人
CG-080018
瓦礫及び瓦礫撤去後の土砂や汚泥の表面に防草名人を水溶液にして吹き付けて表面を被覆(コーテイング)することによって発塵を防止する。水分の多い土砂と混合することで運搬が可能になり改良土は盛り土や埋立等に再利用が可能。緑地帯や道路法面等の防草施工に使用できる。 がれき・土砂処理(収集,再生)
補修・修復(路面)
鉄筋損傷防止型防護柵
QS-080003
(1) 既設の地覆コンクリートを取り壊さずに防護柵の取替え作業を行うことが出来ます。 (2) 短工期で取替えが出来るので、大幅な経費削減が可能です。 (3) 地覆鉄筋を切断する事無く、アンカーボルト及び防護柵の設置が出来ます。 (4) 地覆幅及び高さの状況に応じて、防護柵の取替えが出来ます。 がれき・土砂処理(再生)
補修・修復(橋梁)
応急復旧
オディクリーン工法
CG-000030
津波によって打上げられた土砂、液状化した泥土、山間部で流れ出た土砂等を災害復旧で必要な大量の土材としてリサイクル(再生処理)する事が出来ます。利用目的に合わせて粒状土を造る事も可能です。 がれき・土砂処理(再生)
液状化対策
応急復旧
自生種回復緑化工法
CG-080004
震災によって崩壊した斜面の復旧工事や、盛土法面の緑化工に適用できる。現地の森林表土を再生利用できる上、埋土種子の利用により、(外来植物等、他地域からの植物ではなく)その地域の植生を回復することができる。 がれき・土砂処理(収集,再生)
補修・修復(その他)

Copyright 2011, New Technology Information System.All Rights Reserved..