技術ジャンル検索

キーワード検索:

選択ジャンル:処分   検索結果件数:145件

[1]   2   3   4   5   6   7   8   9   10   11   >>   [最後]

技術名称
NETIS登録番号
震災対応上の特徴 ジャンル
SRP工法(STATIC REFUSE PRESS)
KT-160029
東日本大震災の原発事故の影響で、横浜市内の下水処理施設で発生した放射性物質を含む汚泥の焼却灰を1kg当たり100ベクトル未満の基準を満たすように一般のゴミ焼却灰と混合したうえで埋め立てを行った実績がある。 がれき・土砂処理(処分)
エコマックス(凝集剤)
KT-150109
本技術は、排水された濁水について、濁水中に含まれる有害物質を除去する性質がある。そのため、震災復旧工事で発生する「がれき」等の洗浄排水を効率よく浄化する効果が期待できる。ただし、「がれき」等の種類によっては、濁水処理後の処理水について浄化効果を事前に確認する必要がある。 がれき・土砂処理(処分)
汚染土壌・地下水浄化用鉄粉「エコメル」
KK-120063
津波により海底から打ち上げられたヒ素等重金属を含有する汚泥により汚染された土壌において、「エコメル」による吸着処理によって、重金属の周辺環境への拡散を抑制する。 がれき・土砂処理(処分)
ジオベスト防草
KT-060104
ジオベストに含まれる酸化マグネシウムを主成分とした固化材は、重金属等の汚染物質の溶出を抑制する不溶化処理技術とアンモニア、硫化水素を30%低減できる消臭技術であり、固化可能な土種も幅広いことから、被災地でのヘドロその他土砂処理に適応できる。 がれき・土砂処理(処分)
ベントナイト混合土
QS-070013
発生したゴミ、ガレキ等による浸出水の遮水工や雨水浸透等の防止目的での封じ込め工等に活用できます。遮水層の厚みの増加やベントナイトの高膨潤性能により、地震や変動による動的な変形にも地盤に追随する事ができる土質遮水材の対応ができます。また性状変化・劣化がないので、安定した品質を保持し続けます。 がれき・土砂処理(処分)
剪定木、刈り草を短時間で再資源化「WGR工法」
CB-000023
震災ででた、がれき(樹木、草、材木)を破砕、タブグラインダーでチップ化し、 チップ化したものを水田で撹拌し肥やしにする。がれきの有効利用。 がれき・土砂処理(処分)
PDF工法
KTK-040002
埋立地等の減容化を図ることができ,大量の土砂(汚泥)や瓦礫の処分地の確保が可能である。埋立直後や埋立途中の超軟弱地盤上(泥上,浅水深1~3m)から,直接鉛直ドレーンが打設できることから工期の短縮が図れるとともに,フロート式の施工装置は陸上運搬可能なので,湖沼など内陸の水域でも施工が可能である。 がれき・土砂処理(処分)
フラッシュソイルシステム
KTK-040003
高含水比の汚泥を砂を混合することで,サンドコンパクションパイル用中詰材として有効利用できることから,土砂処分量の低減を図ることが可能となる。 がれき・土砂処理(処分)
スネークミキサ工法
KT-000016
①土砂を管路で搬送するため、陸上機械で運搬できないところでも可能である。②固化材を添加するため、岸壁や護岸の裏込めや裏埋めに再利用できる。③適用可能な対象土;粘性土で含水比50~200%、加水すれば含水比50%以下でも適用可能 がれき・土砂処理(処分)
ブレーカ付ドレーン打設工法
KTK-040001
震災によって発生した汚泥を集積した処分場に対して減容化目的で圧密改良する際、ドレーン材の打設の妨げとなる地中のコンクリートがらや硬質な地盤をブレーカにより破砕削孔することにより容易にドレーン材を打設することができる。 がれき・土砂処理(処分)

Copyright 2011, New Technology Information System.All Rights Reserved..