技術ジャンル検索

キーワード検索:

選択ジャンル:処分   検索結果件数:148件

[先頭]  <<    1   [2]   3   4   5   6   7   8   9   10   11   >>   [最後]

技術名称
NETIS登録番号
震災対応上の特徴 ジャンル
ブレーカ付ドレーン打設工法
KTK-040001
震災によって発生した汚泥を集積した処分場に対して減容化目的で圧密改良する際、ドレーン材の打設の妨げとなる地中のコンクリートがらや硬質な地盤をブレーカにより破砕削孔することにより容易にドレーン材を打設することができる。 がれき・土砂処理(処分)
波浪共振型消波工法
KTK-080001
ガレキ等の処理方法として、埋立を採用する場合、本工法は護岸を低コストで構築する事が可能である。更に、本工法が有する鉛直混合促進機能は、海底への酸素供給を促進し、水域と底質環境の改善に寄与する事が期待できる。 がれき・土砂処理(処分)
有害物質拡散抑制材料である重金属イオン吸着シート「コスモフレッシュNANO」
KT-180087
震災時に発生した瓦礫等を一時仮置き場に保管する場合、震災瓦礫の中に有害な物質が含まれていると、仮置き場下地が汚染される可能性がある。仮置き場は震災瓦礫処分後原状復帰が望ましく、有害物質の中の重金属イオンを吸着可能なシートを震災瓦礫下部に敷設することで、重金属イオンの流出を抑制し原状復帰をし易くする。 がれき・土砂処理(収集,処分)
土壌・地下水の油汚染自動浄化工法(3N注入工法)
KT-180001
震災構造物の解体工事で地下埋設物の撤去時に見つかった油による土壌・地下水汚染の浄化に利用できます。油汚染掘削土の浄化は、空気ナノバブルを添加した油分ナノ分解微生物栄養剤(Kiso-レビエント)溶液(3N溶液)を混合し、地盤・地下水の油汚染の浄化は、3N溶液を地盤に散水・注入し油分を微生物分解します。 がれき・土砂処理(再生,処分)
ベントナイト砕石 NB工法
KT-170018
福島第一原子力発電所事故由来の放射能汚染廃棄物埋設、仮置きなどの隔離層、汚染水などの遮水構造として適用し最終処分場などに実績がある。 がれき・土砂処理(処分)
応急復旧
石綿(アスベスト)飛散防止剤AGUAシリーズ
KT-120122
石綿(アスベスト)等の有害物質を含む粉じんの飛散防止対策に活用できます。 無機・無臭・不燃・Non-VOCですので、瓦礫からの粉じんを固定させると同時に周囲の環境への影響がありません。福島原発の建屋からの放射性物質を含んだ粉じん飛散防止や被災地での瓦礫からの粉じんおよび石綿飛散防止に使用されています。 がれき・土砂処理(処分)
その他
マルチドレーン真空脱水工法 
CG-120026
震災により生じた土砂や産業廃棄物の処理過程で発生する濁水を簡易濾過出来ます。 また、高含水の土砂や産業廃棄物を脱水して減容化します。 がれき・土砂処理(再生,処分)
サイプレス
KK-980103
有機成分を含む含水比の高い難脱水性泥土の減容化・強度増進を図り浚渫底泥や建設発生土を再利用する がれき・土砂処理(再生,処分)
固化処理工法(デイコンシステム)
CB-980056
復旧工事にて大量に発生する軟弱土砂や浚渫土砂に対して、目的に応じて改良材を選ぶことで「運搬性の向上」「強度を持たせ盛土等へ再利用」「土の単位体積重量を減少させ、盛土に伴う地盤沈下の緩和や裏込め土圧の低減」を可能とします がれき・土砂処理(再生,処分)
KSパッケージ
KT-000040
斜面崩壊箇所や護岸工の復旧、河床堆積物の流出抑制のための床固工等に活用できる。中詰材には礫質材料を使用するが、吸出防止材等を併用することにより土砂等を中詰材に使用できる。通常、標準品は在庫が有り迅速な納入が可能で、施工もパネル化した部材のボルト接合のみで、工期の短縮が図れる。 がれき・土砂処理(処分)
補修・修復(河川護岸)

Copyright 2011, New Technology Information System.All Rights Reserved..