技術ジャンル検索

キーワード検索:

選択ジャンル:処分   検索結果件数:138件

[先頭]  <<    2   3   4   5   6   [7]   8   9   10   11   12   >>   [最後]

技術名称
NETIS登録番号
震災対応上の特徴 ジャンル
水草・刈草等の有効活用のための『KS工法』
SK-100006
【活用の場面】 ○がれき処理の木くず・倒木・流木の処理 ・木くずを破砕し堆肥化 ・倒木・浸水木材を破砕し堆肥化 ○堆肥の有効活用 ・広範な流失農地の土壌改良材に活用 ・法面復旧や公園緑化材に活用 【活用の効果】 ◎リサイクル:廃棄物の資源化 ◎雇用創出:現地人材の活用 ◎農地再生:塩害農地にも効果 がれき・土砂処理(収集,再生,処分)
その他
スーパーレクサ
KK-030002
道路の災害復旧や復興における新設道路の擁壁として、また土砂処分場の土留擁壁として利用できる。東北で7箇所の実績あり。岩手県の胆沢ダム国道付替工事で2006年に施工されたスーパーレクサは、平成20年岩手・宮城内陸地震と今回の地震と2度受けたが健全であり、地震に強いことが実証されている。 がれき・土砂処理(処分)
補修・修復(その他)
応急復旧
その他
ミドリナール団粒緑化工法
KT-980420
震災で復旧する必要のある法面工事の緑化工法として適用できます。災害地で発生した土砂や木廃材を活用することも可能であり、廃棄物処理の軽減を図ることができます。また、団粒化した緑化基盤は多孔質構造のため透水性が良いことから、塩分を含んだ土壌についても比較的脱塩しやすい緑化基盤を造成できます。 がれき・土砂処理(再生,処分)
補修・修復(河川護岸,その他)
補強土壁工法「テンサーダブルウォール」
CB-990067
道路の災害復旧や復興における新設道路の擁壁として、また土砂処分場の土留擁壁として利用できる。岩手県田野畑村机港線のテンサーダブルウォールは、地震と津波の直撃を受けても健全であったことから、地震だけでなく津波に対しても堅固であることが実証されている。 がれき・土砂処理(処分)
補修・修復(その他)
応急復旧
その他
マリンアース コンクリート混和剤
SK-010005
  全ての瓦礫及び汚泥を、マリンアースコンクリートブロック材として活用できる特徴 がれき・土砂処理(処分)
補修・修復(河川護岸,海岸,その他)
プラグマジック工法
KT-990500
護岸構造物の耐震補強、裏込め地盤の液状化対策や、一般的な埋立砂と比較して軽量なため嵩上げ、上載荷重の増加・増深などへの構造変更が比較的軽微に実施でき、既設の近接構造物への影響も少ないこと,大量の浚渫土砂のリサイクルが可能な点に特徴がある。 がれき・土砂処理(再生,処分)
補修・修復(河川護岸,その他)
SAVEコンポーザー
CB-980039
緩い砂地盤に対し,砂杭造成による締固めにより密度を増加させる液状化対策工法。無振動,低騒音工法であり,周辺環境へ与える影響が少ないため,既設構造物近傍での対策が可能。また,砂の他に砕石,スラグ等各種材料が使用可能であり,粒度調整したコンクリート塊等を中詰材とすればがれき処分にもつながる。 がれき・土砂処理(処分)
液状化対策
補修・修復(河川護岸,海岸)
オーバーラップ式護岸基礎ブロック
CB-070039
「オーバーラップ式護岸基礎ブロック」は、①中詰め材としてコンクリート殻等の使用が可能、②製品の長尺化及び機械化施工による工期短縮、③水替え等の仮設費用の削減、④現場打ち型枠が削減でき省資源化、といった対応が可能です。 がれき・土砂処理(再生,処分)
補修・修復(河川護岸,海岸)
水質浄化のための微生物の活性剤「エコリカバー」
KT-100071
「エコリカバー」を100~1,000倍に水で希釈し、瓦礫や残土、または仮設トイレの便器や浄化槽に散布するという簡易な方法である。電気や動力、および特殊な技術者を必要としない。 がれき・土砂処理(収集,処分)
仮設(仮設トイレ,その他)
Geo BANK工法(ジオバンク工法)
HR-100004
震災の影響で落石対策が必要となる復興・復旧工事において、応急復旧の仮設から恒久対策まで活用できる工法である。また、震災の影響で発生した斜面の崩壊土砂、流出土砂について締固めが可能な土質であれば、構造体の本体となる補強土壁体の盛土材として利用することが可能であり、土砂の処理に貢献できる。 がれき・土砂処理(再生,処分)
仮設(その他)
その他

Copyright 2011, New Technology Information System.All Rights Reserved..