技術ジャンル検索

キーワード検索:

選択ジャンル:ライフライン復旧   検索結果件数:309件

[先頭]  <<    1   2   3   4   [5]   6   7   8   9   10   11   >>   [最後]

技術名称
NETIS登録番号
震災対応上の特徴 ジャンル
マグマロック工法
KT-130056
震災前に装着していれば、既設管路施設(本管目地、人孔目地、人孔接続部)の耐震化を図ることができ、震災後に用いる場合には本管目地からの浸入水防止に有効である。 ライフライン復旧
補修・修復(その他)
CFA工法
KT-980665
既設アスファルト混合物の撤去、運搬および処分が不要なため、震災により亀裂や不陸が生じた路面を、迅速かつ経済的に再構築することが可能です。 ライフライン復旧
補修・修復(路面)
SGねじ無しカップリングシステム
CB-120039
厚鋼電線管をねじ無しカップリングで接合する事により、現場ねじ加工接合に比べ工期が短く、早期復旧が可能となる。またパイプラインの弱点である余りねじ部が発生せず、更にSGめっき(高耐蝕性めっき)を施した厚鋼電線管、カップリングを使用する事により長寿命化が図れると共に、その耐震性能も付与できる。 ライフライン復旧
情報通信、情報共有
プレストレスデッキ 1.0m×4.0m
KK-120033
プレストレスデッキ1.0m×4.0mを使用すれば桁材を省けるので、施工のスピードアップを図ることが出来ます。これにより、インフラの復旧を早められます。また、道路占用期間も短縮出来るので、円滑な車両通行に寄与します。 ライフライン復旧
仮設(その他)
Two-Wayライニング工法
QS-120022
本技術は、埋設管渠に、クラック、破損、たるみ、隙間、浸入水の流入、汚水の滞水又は流出などが原因で流下能力が低下した管渠を更生することが可能である。また、今後の耐震補強(レベル1及びレベル2地振動)に対する耐震設計が可能である。工期の短縮が可能なため短時間で低コストで施工でき、廃棄物の発生も少ない。 ライフライン復旧
その他
ハイパーベース(HB・UB)改1
KK-050118
本技術は、道路照明ポール・標識柱・カメラ柱等のベースプレート部の構造を、リブ無しとする事で、疲労等級がG等級からD等級に向上し、疲労破壊(亀裂)対策として開発したものです。橋梁・高架道路等の交通振動及び、風による振動に対応する技術であり、地震や余震による振動に対しても効果的です。 ライフライン復旧
仮設(照明)
OGAS(オーガス)工法
KK-110068
震災の影響により、ボックスカルバート・樋門・上下水道施設など地下構造物の伸縮継手部の変位による漏水対策に適した技術です。施工後目地の変位に対しても柔軟に追随し、止水性・耐震性・耐久性に優れています。 ライフライン復旧
補修・修復(コンクリート構造物)
セーフティガイドレール
SK-110017
ライナープレートにガイドレールをボルトで固定しているため、地震により揺れが発生しても、集水井内で揚重中の吊り荷は安定性が保たれる。 ライフライン復旧
その他
ハイパー開口部
KK-110025
本技術は、道路照明ポールの安定器取付用開口部の疲労破壊(亀裂)対策として開発したもので、橋梁・高架道路等の交通振動及び、風による振動に対応する技術であり、地震や余震による振動に対しても効果的です。 ライフライン復旧
仮設(照明)
ハットリング工法
SK-090010
本工法を予め施工していることにより、マンホールの浮上がりによる下水道流下機能の停止や緊急車輌(救急車、消防車等)の交通障害による二次災害を防ぐことが可能となり、下水道施設の早期の復旧に寄与できる。 ライフライン復旧
液状化対策

Copyright 2011, New Technology Information System.All Rights Reserved..