技術ジャンル検索

キーワード検索:

選択ジャンル:液状化対策   検索結果件数:234件

[先頭]  <<    5   6   7   8   9   [10]   11   12   13   14   15   >>   [最後]

技術名称
NETIS登録番号
震災対応上の特徴 ジャンル
有機酸バイオ系地盤改良材「コーンα」BP
KT-170108
・バイオ系地盤改良材「コーンα」BPのバチルス菌増殖によりセシウムによる地盤放射線量上昇をガードし抑制出来る。 がれき・土砂処理(再生)
液状化対策
補修・修復(海岸)
応急復旧
重機接触防止装置パノラマU
KT-140059
被災地でのクレーン車作業にあたり、監視員の足場や安全確保が不十分、あるいは人的な目視確認のための視野確保が不十分な環境でも、本技術の活用により、アームと障害物の接近を運転手に音で知らせて安全確認を補助するので、安全性が向上する。 液状化対策
補修・修復(コンクリート構造物,橋梁)
その他
杭打設管理システム(パイルナビ)
KT-120091
震災で影響を受けた河川護岸や道路の復旧工事における重機を使った基礎工事において、地盤改良機の誘導や杭打機での杭の鉛直度調整をビジュアルで表示します。 既存の重機に機器を設置することができます。 液状化対策
補修・修復(路面,河川護岸)
計測・測量
万能土質改良機による建設発生土再利用システム
KK-980012
《液状化の噴砂》、《ガレキの骨材》、《塩害の田粘土》の有効活用。 これらを「万能土質改良システム」にて混合処理することにより、新たな土砂として多方面に活用でき、処分も不要になる。 がれき・土砂処理(再生)
液状化対策
補修・修復(河川護岸,海岸)
小径NSエコパイル工法
TH-110020
主に杭と杭打機があれば施工できるため、水やセメント等の調達・運搬をする必要がない。小型杭打機で施工するため、三点式杭打機が配置できないような、地耐力が小さな施工基盤でも施工可能な場合がある。残土が発生しないので、残土処分の必要がない。 ライフライン復旧
液状化対策
補修・修復(橋梁,河川護岸)
トヨドレンリング管(高密度ポリエチレン波付管)
KT-110036
他種管と比較して、軽量で取扱いが容易、地盤追従性に優れる等の特徴があり、復興関連の仮排水から道路雨水排水まで幅広い用途に利用可能である。Φ250~500については人力搬入も可能な為、重機進入が困難な箇所にも対応できる。 ライフライン復旧
液状化対策
仮設(その他)
応急復旧
アスファルト合材付着防止剤(アスファゾール)
KK-100039
震災により痛んだ道路の補修工事や新たな道路の舗設工事等に際し、アスファルト合材を供給するプラント内での機器(スキップエレベーター等)、運搬用ダンプトラック荷台、さらには工事現場での機器(タイヤローラー等)へのアスファルト合材の付着を防止し、薬剤使用時の環境への影響も最小限に抑えることが可能となる。 ライフライン復旧
液状化対策
補修・修復(路面,その他)
ピエゾドライブコーン
TH-100032
ピエゾドライブコ-ンは、打撃貫入時の地盤に発生する間隙水圧を測定して、地盤の貫入抵抗値N値、地下水位や土質区分(細粒分含有率)を求め、原位置で液状化強度を深度方向に連続して求めることができます。東日本大震災の被災地各地の液状化調査や、今後の大地震に備えた液状化対策の事前調査に最適です。 液状化対策
計測・測量
計画・設計
その他
SE側溝
CB-070033
①箱型の安定した形状で、製品接続に高密度パッキンを使用し、縦断方向に金属ボルトとプレートを使用して連続接合させる為、安定性が高く、液状化の影響を受けづらい。②製品接続にモルタルを使用しないので、接合部での止水が良く、目地切れしない。③フタ掛けの必要がないので、工期が短縮出来る。 液状化対策
補修・修復(その他)
応急復旧
計画・設計
セットフォーム工法
CB-040060
液状化による地盤沈下等により発生した空洞充填工事において、最大40倍に発泡する(現場持ち込み量が少ない)材料と、コンパクトな設備(約1m×1m)を用いて容易に施工が可能である。また、約30分でほぼ最終強度に達し、短納期での施工が可能です。 液状化対策
補修・修復(コンクリート構造物,河川護岸,海岸)

Copyright 2011, New Technology Information System.All Rights Reserved..